ダーマ神殿っぽいけど、職業でなく「職能」を選べて、「はたらく」のデザインを学べるプロジェクト『???』を準備中。

omija / qeqeqe
Apr 27, 2017 · 3 min read

いろんな職業の人を取材させてもらったり、でなくとも、知人の話を聞いていたりすると、一つの職業で求められているスキルっていろいろあることに気づく。例えば「ライター」が「執筆」だけじゃなくて、企画したり、リサーチしたり、取材したり、進行管理したり諸々するように。

あと、バーテンダーとライターの考え方、やることって、意外と似ているよね、とも感じたりする。

そんな職業が持つ「職能」を切り出し、可視化していく仕組み(メディア)ってできないかなぁ、と去年あたりから思ってたけど、なんかできそうな段がちょっと見えてきた。

これがつくれると、スキルの認知から、ワークショップや仕事旅行みたいな実践・体験に繋がるプログラム開発もできるはず。個人的には、シェフ、サーバー、パティシエ、バーテンダーなどの飲食業界をちょっと攻めていきたいところ。

だって、サラリーマンが、あるいは、クリエーターが彼らの職能をどのように活かすことができるのか、っていう流れをつくれたら面白いじゃないですか。あと、日本における「飲食」って、欧米・欧州ほど評価されてない気もするし、だから余計に。

最終的には、切り出した職能をラベリング(名づけ)して、ダーマ神殿っぽく選べて訓練できるようにして、一つ一つを組み合わせながら、新たな職業に就いたり、仕事をつくったり、地方とのかかわりを増やしたりできたらいいかもしんない。

自分が持つ「職能」を組み合わせて、仕事やはたらき方をデザイン(カスタム)できるのは、わりと楽しいことだとも思う。

一人で全部はむつかしいのは目に見えてるから、「ライティング」「編集」「ウェブディレクション」「ファシリテーション」「複業」「バイト歴多め」「教育」「コーディネート」みたいなワードに引っ掛かる(その属性の)人が何人か集まるとサクッと進む気がするんだけどなあ。

地方回遊にはじまり、ワークショップ的インタビュー、コーディネーター的ライティング、また、バーテンダーなどの職業を横断的にやってきたからこそかたちにできそうな企画な気もするから、まあ、うまく職能をブレンドさせられるように、ぼちぼち、進めていきます。

あ、プロジェクト名は決まってるんだけど、もうちょい動きはじめたら、お知らせできればと。

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。

    omija / qeqeqe

    Written by

    mobile bartender / owner of Nawa @ Tottori / ex-writer

    alternative

    大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。