「砂かけ婆」のような妖怪を考えるとき、「砂」を善とするか、悪とするか。

omija / qeqeqe
Jan 24, 2017 · 2 min read

そういえば、ゲゲゲでお馴染みの「砂かけ婆」の伝承があるのも奈良だ(あとは、兵庫など)。

こういう妖怪は、伝統文化も含めた地域資源を見てみると、生まれるべくして生まれたのかも、というのを考えちゃうわけで。

この奈良河合町の場合、「砂をかける/砂に当てる」ことが、良しとされているけど、地域によっては、「砂をかけられる/当てられる」ことで体調が悪くなるという話もあったりするから、同じ「砂」を扱う妖怪にも、善いものと悪いもんがいるということだろう。

なにはともあれ、この祭に足を運んだら、きっと、顔しわくちゃのリアル砂かけ婆がいるに違いない。

ちなみに、このサイト前々からチラッと読んでいたけど、よく見たら、地域行事ネタがわりと多めなのはうれしい。こういうアーカイブは貴重だもんな。

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。

    omija / qeqeqe

    Written by

    mobile bartender / owner of Nawa @ Tottori / ex-writer

    alternative

    大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。