METAFIVEを聴きながら思う、無いものねだり、それと、働き方やらチームビルディングやら。

omija / qeqeqe
Feb 27, 2017 · 2 min read

いろんなちっちゃなことが気になってしまう質なので、作業に没頭したいときは、新たな情報が少ない、聴き慣れている曲を聴くようにしている。

と、以前はメモしていて、それは変わらない。

マイク前にいるのが、LEO今井

LEO今井を聞くようになってから、METAFIVEを知って、「Don’t Move」を聴いたときの衝撃ときたらありゃしなかった。ぼくみたいな音楽童貞でも、音の重なりってすげぇと思うほどだったから。

それだけじゃなくても、映像をみたとき、やっぱりLEO今井のエモーショナルで、表情にも腕などの動きあるボーカルは魅力的に映る。たぶん、そういう野性感みたいなものを自分は持ち併せてないから、あこがれ、みたいなもんだろうなあ。

映像中は、ほぼマネキン状態のTEI TOWAについては、調べてみるうちに、音楽だけじゃなくて、働き方もおもしろいなあ、ということに気づけた。

そして、ソロやユニットでそれぞれ活動してきた、しかもレジェンド的なメンバーが集ってバンドをやっているという意味を考えると、若干チームビルディングみたいな話もできる気がして、METAFIVEはぼくのなかでの存在が大きい。

ということで、お聴きください。METAFIVEで「Don’t Move」。

(へたくそか)

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。

    omija / qeqeqe

    Written by

    mobile bartender / owner of Nawa @ Tottori / ex-writer

    alternative

    大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。