「True North, Akita.」の紅から、大人について考えさせられる土曜日のモーニング

omija / qeqeqe
Feb 11, 2017 · 4 min read

「True North, Akita.」の#2があっとことを今さら知り、土曜の朝から、北への想いを馳せてしまった。

うつくしいな、と思ったんだけど、それはきっと、子どもたちが祭で踊るときに、化粧をしていたから。おそらく、自我が芽生えて、人生ではじめてのおめかしをしたんじゃないか、という初々しい表情が垣間見えたから。

祭という儀式というのは、そもそも神聖なるもので、そこに子どもが参加する意味について考えはじめると、おもしろいなあ。子どもから大人へ、という通過儀礼なものは、一般的な20才の成人式だけじゃなく、実は日本でもさまざまなかたちで存在しているのだと感じるわけで。

東北の民俗性は、そそられる。そりゃ、妖怪みたいな民間伝承も多いわけだよ。

ちなみに、#1はこちら。季節がまた違うのだけど、それがすてきだ。

むかーし、映像製作を手がけている「augment5」についてのエントリも書いたのを思い出してので、そちらも勢いに乗じてついでに。

「秋田」という暮らしの選択肢 / 移住みたいなもんを考えるなら

去年、マチノコトで秋田取材で、北秋田市と鹿角市に行ってきたときの記事があるので、これらもついでに、まとめておく。

どの人も、I/Uターンで移住することでの変化に触れていたり、地方だからできることのヒントを聞ける取材だったと思うので、よければ参考までに。

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。

omija / qeqeqe

Written by

mobile bartender / owner of Nawa @ Tottori / ex-writer

alternative

大見謝がSNSの代わりに投稿したものを残しておくミニマムブログ。