ANONY
ANONY
Jul 2 · 12 min read

6月7日にPowerLedgerの共同創設者であるDr.Jemma GreenによるAMAライブストリーミングセッションが行われました!

本記事はその書き起こしとなります。


Q1:タイでは最近に100MWの太陽光取引計画を発表しましたが、Power Ledgerはそれに関与するよう何らかの協議をしていますか?

A1:タイでは現在、システム内に約5GWの再生可能エネルギーがあり、年率10%で成長しています。私たちは、BCPGとのパートナーシップの一環として、タイで私たちのプラットフォームを使うことについて多くの開発者と協議しています。

Q2:AGEに関して、POWRトークンがAGEを購入するために譲渡されるとき、それらのPOWRトークンを一定期間エスクローする計画はありますか?価格を支持するためにはエスクローを行う必要があり、これを行わなければPOWRトークンの価格の崩壊を引き起こす可能性があります。

A2:POWRのマーケットメイクや価格維持は行っていません。それを一般的に、あるいはAGEのために計画することはありません。その意図は、POWRをAGEで特定の資産を購入するために使用できるということです。資産のために、彼らはプラットフォームを使用するためにエスクローである程度のPOWRを必要とするでしょう。

Q3:覚書締結に向けたインドでの協議の進行状況はどうですか?

A3:実際にはインドで3つのプロジェクトを検討しており、近い将来これらの詳細を共有できると期待しています。

Q4:公益事業者が単純にPLプラットフォームをコピーして独自の取引ブロックチェーンを作成するリスクとは何ですか?

A4:IPのコピーはもちろん危険です。しかし、Power Ledgerの相違点は私たちの技術だけではなく、エネルギーと炭素産業との関係、そしてブロックチェーンのエネルギーと炭素POVからの私たちの技術的ノウハウも重要です。これは容易にコピーすることができるものではなく、私達が今日まで存在したプロジェクトの中でマーケットリーダーの地位にある理由です。

Q5:AGEは2019年に向けてまだ順調に進んでいますか?

A5:はい。プラットフォームは90%構築されており、マーケットと共有するために情報を確定しているところです。

Q6:POWRトークンを使って誰が最初のイベントに参加できるようになるかについて、詳細を教えてください。ICO保有者なのか、POWRトークンの長期保有者なのか、POWRトークン保有者全員のいずれでしょうか?

A6:誰でも参加できます。

Q7:大量のPOWRトークンを持つ人々と、少量のトークンを持つ人々のバランスをどのように取りますか。大規模な保有者は大きな株を買うことができないことに失望するかもしれず、大規模なトークン保有者が最初に「それをすくう」とすると、小規模な保有者はがっかりするかもしれません。

A7:市場全体が参加する可能性があることを確認するために、この詳細を作成しています。強い需要に対応するために、プラットフォームにはより多くの資産を用意することを期待しています。

Q8:プエルトリコ、インド、Tech Mahindra、Lisd、ヨーロッパにおける潜在的なパートナーシップについて何か共有できる情報はありますか。

A8:インドの質問にはすでに答えました。ヨーロッパについては、現在2つの新しいプロジェクトを持っています。私たちはヨーロッパで私たちの最初の展開になるであろう詳細をすぐに提供する予定です。プエルトリコではまだ潜在的な最初のプロジェクトを計画しています。

Q9:一般論として、現在のトライアルはどのように進行していると考えていますか?

A9:テクノロジーの観点からすると、本当に素晴らしいです。私達の技術はすべての展開に非常によく統合されています。トライアルの中には、顧客の既存のポートフォリオに対するテクノロジの影響を理解するためのものがあり、そのエクスポージャーに応じて、テクノロジを使用するのが魅力的かどうかによって異なります。米国、オーストラリア、日本、タイ、そしてヨーロッパ、インド、マレーシアなど、現在展開しているすべての市場で大きなチャンスがあります。

Q10:他の地域(例えば、マレーシア、ドバイ、フィリピン、アフリカ、南アメリカ)への拡大に関心がありますか?

A10:はい、ジェームズが今月南アメリカを訪問しています。また、近日中に詳細を発表しようとしているマレーシアでのプロジェクトがあります。質問者の言及する他の国々ではまだプロジェクトはありません。

Q11:PowerLedgerネットワークに参加して取引するために標準的なメータリング設備を持つ日常の世帯に必要な物理的なハードウェアは何ですか?

A11:スマートメーターが必要です。

Q12:PLプラットフォームが期待通りに機能していることをこれまでのところ実証している中で、国内で既存の小売業者を教育して乗せることへのより大きな推進力があるだろうか?PVのオーナーとして、私は本当に参加したいと思っていますが、小売業者は議論することを非常に躊躇しているようです。

A12:多くの発電資産を持たず、スポット市場で価格変動に晒されているオーストラリア(または他の地域)の小売業者は、当社のVPPプラットフォームを使用することから恩恵を受けることができ、この権利に大きな関心を寄せています。この点についてこちらに記載してあります。

Q13:スマートメーターは、PowerLedgerプラットフォームを内部でホストして実行できることが期待されていますか?それとも、PowerLedgerは別のデバイスを提供しますか?

A13:Jemma:別の機器は必要ありません。検針サービスは検針を読み取り、取引とそれに関連する支払いの基礎となるブロックチェーンに書き込みます。

Q14:パースの試験で、これまでどのモデルのスマートメーターがうまく使用されましたか?

A14:メーターデータを定期的にPower Ledgerに提供できる限り、プラットフォームはメーターに依存しません。西オーストラリア州の試験では2種類のメーターが使用されています。彼らはLandis・Gyr・EnergyOSの出身です。

Q14–1:「一定間隔」、つまり1秒のデータを定義できますか。

A14-1: 30分おき。明らかにそれはより頻繁である場合もありますが市場がそこにある前にしばらく時間があります。

Q15:一般家庭がPowerLedgerネットワークに参加して取引するためにPOWRトークンを保持する必要があるか、それとも平均的な消費者がフィアットでSparkzを売買するだけでよく、ネットワークをホストするアプリケーションホストはPOWRトークンを保持する必要がありますか?

A15:公益事業者は、顧客のためにP2P取引市場を立ち上げるためにPOWRを必要としています。顧客はPOWRや暗号を必要としません。彼らはドルをSparkzに、そしてSparkzをドルに変換し直し、これは固定されています。

Q16:これは、検針サービスがアプリケーションホストである必要があるということを意味しますか?それとも、電力台帳はそれらとのサービス契約の一部としてプロバイダから検針データを取得するのでしょうか?

A16:アプリケーションホストはサプライヤと手配し、APIを介してデータを私たちにプッシュします。

Q17:過去に規制当局と協力して変更を施すことについて話していましたが、どのような規制に直面しましたか?を変える必要があると直面しましたか?

A17:規制当局が変更を望んでいるだけでなく、分散型デジタルエネルギー市場を可能にするための規制の仕方を理解することに関心があります。その好例がタイです。彼らは、私たちがその一部であるサンドボックスを実行していて、新しいルールの作成を通知するために使用します。

Q18:新たなカーボン取引プロジェクトはいつ頃期待できますか?また、関連する炭素機関は、C6プラットフォームによって生成された証明書を承認しましたか?

A18:次の2週間のうちに、C6およびC6 +テクノロジとのエキサイティングなパートナーシップで、米国でのREC取引について詳細を説明します。

Q19:プラットフォームを大量に採用するために現在直面している最大の課題は何ですか?

A19:正直なところ、かなり多くの課題があります。人々に技術を理解させ、それを十分に簡単に説明して人々が理解し、そして試みる気がある。POCの技術的統合を迅速に回避することで、規模を拡大できます。言語の障壁、文化の違い、規制 、それだけです!

Q20:双方が必要なメーターを持っていれば、現在西オーストラリアの隣人同士で共有することは現在可能ですか?今すぐパネルを他の住居に置き、プラットフォームとPPA取引を通過させることはできますか?

A20:フリーマントルでは可能ですが、現時点ではそれほど広くはありません。

Q21:XTCに勝った後にどのような新しい道が開かれましたか?

A21:たくさんあります。私がここで簡単に言及したプロジェクトの私達の次の波、そしてこれから数週間以内に提供される詳細は私達がスケールアップしていることを示しています。XTCの勝利の認識は、私たちが行っていることについての認識を高め、物事をより早く進めることに役立ちました。

Q22:小売業者は興味を示していますか?それとも新技術には懐疑的ですか?

A22:彼らは、以前の質問で触れたように、リスクとポートフォリオのポジションの管理をどこで手助けできるかに興味を持っています。当社のVPP製品はこの点で役立ちます。オーストラリアでは、大きな世代のポートフォリオを持たない小売業者、つまりTier 2小売業者の機会に着目しています。

Q23:Japan Sharing Energyとのプロジェクトは今年中に55,000戸の住宅取引に着手する予定で順調に進んでいますか?

A23:Sharing Energyのオンボーディングを進めています。それは最初は小さい数字になるでしょう、そして彼らは彼らが彼らの小売エネルギーライセンスを得た後に数字をスケールアップするつもりです。

Q24:オーストラリア東部州からの関心はありますか。

A24:はい、私たちは東部での大きな機会に積極的に取り組んでおり、そこでのプロジェクトについて楽観的です。

Q25:クイーンズランド州の顧客にとって、顧客がスマートメーターに切り替える動機はなく、小売業者からそうするように推進することもありません。消費者が自分のメーターをアップグレードするようにインセンティブを与えるという利点を宣伝するためのPower Ledgerの考えはありますか?現時点でスマートメーターが設置されるのは、既存の(電気機械式)メーターが故障して交換する必要があるときだけであるはずです。

A25:スマートメーターは、今後数年間でオー​​ストラリア全土に展開されると思います。Strataの開発はそれらが構築されているように標準としてそれらを入れており、私たちのuGridプラットフォームは開発内の取引に使用することができます。

Q26:uGridを使用するために必要なライセンスは何ですか?システムのサイズに依存するもので、シングルホームインストールに類似すると思いますが、100kwまでは不要かと考えています。

A26:層の発展の中で、層の規則は、エネルギーライセンスを必要とせずに公共団体が公益事業者のために住民に請求することを可能にします。

Q27:AGEs / Microgridsに関して、Power Ledgerが現在エネルギーにほとんどまたはまったくアクセスできない遠隔地のコミュニティを電化する機会を得ましたか?

A27:もちろんです!私たちはこの点に関して積極的に機会に取り組んでいます。

Q28:開発段階でuGridをホストしているアプリケーションホストは誰ですか。

A28:法人です。

Q29:WePowerのような他の競合他社やPowerLedgerが進出しようとしている地域への競合他社の進出についてどう考えていますか?

A29:私たちは優秀なオペレーターである他のプレイヤーを歓迎します。エネルギーは3兆ドルの市場です。この分野で認知度を高めているプレーヤーが多いほど、誰にとっても簡単になります。

Q30:Asset germination Eventでは、AGEトークンを取得するためにPOWRトークンが必要ですか?それともfiatでAGEトークンを直接取得できますか?

Q30:最初は暗号通貨のみです。

Q31:1秒あたりのトランザクション数に関して、Power Ledgerブロックチェーンの可能なスループットはどれくらいですか?

Q31:トレーディングエンジンのスケールとブロックチェーンをテストしたところですが、実際には多くのメリットがあります。

Q32:現在、多くの大手エネルギー会社が資産の取得およびおそらく同様のP2Pサービスの提供に関心を示しています。これらの多くはまだ試験の初期段階にあるようです。あなたの現在の裁判の状態がPower Ledgerに先発者の利点を与えると思いますか?最大の利益を得るためには、消費者が自らの世代資産を所有することがどれほど重要であるとあなたは言いますか?

Q31:新しいテクノロジでは、通常、商用化のグライドパスはデスクトップトライアル、概念実証、商用トライアル、および商用化です。我々は期待されることになっているすべてのバケツの中にプロジェクトを持っています。現時点で他に15人のプレーヤーがいるので、私たちが最初の発動者であると確信していませんが、確かに私達はPOCと商業試験を安全にするものが商業化のために最も良い位置にあると信じます。自分の資産を所有していない消費者は隣人からP2Pを購入できますが、資産を所有しているということは収益を得ることができるため、目的が何であるかによって異なります。

Q33:他にどのようなブロックチェーン・暗号通貨プロジェクトが興味深そうに見えますか?

A33:最も進歩が見られる他の部門は、金融サービス、ゲーム、ギャンブルです。

Power Ledger

Power Ledger is a fast growing tech startup that has developed a world-first blockchain enabled energy trading platform.

ANONY

Written by

ANONY

Power Ledger

Power Ledger is a fast growing tech startup that has developed a world-first blockchain enabled energy trading platform.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade