Pundi X Japan Nanna
Jul 16 · 6 min read

先の6月21日にご案内しましたとおりNPXSXEMはBinanceChainへの移行となります。NPXSXEMの現総供給量は67,725,825,819.45で、Binance Chainに1:1で交換され、BEP2トークンになる予定です。

NPXSXEMを将来的にBinanceDEXでトレードすることを考えているのであれば、BinanceChainのBEP2にする必要があります。

プロセスは簡単で、あなたのNPXSXEM MoasicトークンをXWalletのVertualCardに入れておくことだけです。 その後は自動で変更されることになります。NPXSXEMがBinance DEXに上場された後、あなたはトレードのためにNPXSXEM BEP2をそこから出すことができます。

1. XWalletのダウンロード、そしてアカウント設定します。

2. 所有のNPXSXEMを他のプライベートウォレット(nanoWalletなど)から、セットアップした XWalletアカウントへ移します。(次参照)

NPXSXEMをXWalletに移す

a. XWalletを開き、Virtual Cardへ進み、→ NPXSXEMを選びます。(以下図)

b. “Receive”(受取) を選び、Deposit address(Messageも)を取得します。

c. 最も大事なのは、ここに送る際、取引所から送らないことです。それを理解の上でチェックをし、 “View address”(アドレス表示)を押します。

d. ここでアドレス以外にもMEMO(Message)があります。これも送信時に必要になります。

NPXSXEMをあなたのプライベートウォレットから送る際、送り先アドレスだけでなく、MEMO/Messageが正しく入力されているか確認してください。

尚、本時点をもって、NPXSXEM Mosaicトークン入れた場合、NPXPXEM BEP2となり、引き落としはBEP2トークンになります。 NPXSXEM Mosaicトークンを引き落とすための提供はなくなります。

XWalletでNPXSXEMをステーキングしている場合、どうすればいいですか?

あなたが現在NPXSXEMを所有し、現在XWalletでFXのためにNPXSXEMを使用しているのであれば、案内に従い、NPXSXEM MosaicトークンをBEP2トークンにする準備の為、送金します。

  1. VirtualCardから、あなたのDepositアドレスとMemo/Messageを入手します。間違えないようご注意ください。
    Virtual Card → NPXSXEM →Receive → View Address
  2. FXCardに進み、Transferに進みます。
    FX card →NPXSXEM → View → Transfer
  3. Step.1で入手したアドレスとMemo/Messageを入力し送ります。

一度、F(x)カードから出金すると、その分はFxステーキングの対象にはならなくなります。

NPXSXEM Mosaicトークンはいつまで取引所で取引可能ですか?

NPXSXEM Mosaicトークンは、2020年6月30日まで取引所で取引可能な状態である予定です。また、その間において私たちは定期的にパブリックな取引所からNPXSXEMを買い戻し、それらをBEP2に変換します。

2020年6月30日以降、すべての取引所からすべてのNPXSXEM Mosaicトークンを撤回する計画です。

XWalletから、NPXSXEM Mosaicトークンを現行の取引所に引き出す方法はありますか?

既に書かれているとおり、取引所へのNPXSXEM Mosaicトークンの引き出しはサポートされません。全て撤回する時まで今後もパブリックな取引所でNPXSXEM Mosaicトークンを取引したい場合は、NPXSXEMをXWalletに入れないことをおすすめします。

NPXSXEM BEP2トークンを引き出す方法は?

現在のXWalletは、NPXSXEM BEP2トークンへの移行を目的としたNPXSXEM Mosaicトークンのデポジットをサポートしています。そして、NPXSXEM BEP2の引き出しは、NPXSXEM BEP2がBinance DEXにリストされるまで有効になりません。

NPXSXEMのBinance DEXリストはいつ?

アナウンスをお待ちください。

NPXSXEMは何ですか?何故Binance Chainに移るのですか?

NPXSXEMは、NEMブロックチェーン上で、NEM XPOSデバイス上のトランザクションをサポートする目的で最初に作成されたユーティリティトークンです。ご存知でない方は、ここにNPXSXEMトークンのいくつか詳しい説明(英語:日本語)があるのでご覧ください。

オープンプラットフォームのスタートより、当社の製品であるXPOS、XWallet、およびXPASSカードは、ひとつの決済プラットフォーム上で複数のパブリックチェーンのトークンをサポートすることができます。近い将来、他のMosaicおよびBEP2トークンについても、前述のXPOS関連製品で利用可能になる予定です。

つまり、現在(そしてこの先)のXPOSデバイス、XPASSカード、そしてXWalletがNEMとBinance Chainトークンサポートを受けていくことを意味します。 NPXSXEMユーティリティは、もはやNEM XPOSだけに限定されるものではありません

尚、NPXSXEMからBinance Chainへの移行により、移行したNPXSXEMトークンは、Pundi Xペイメントプラットフォーム上のXEMおよび他のMosaicトークントランザクション、ならびにBEP2トランザクションに使用できるようになっています。


Originally published at https://medium.com.

Pundi X

Pundi X is a leading developer of blockchain-powered devices, including the world’s first point-of-sale solution, the XPOS, which enables merchants and consumers to do transactions on the blockchain in physical stores.

Pundi X Japan Nanna

Written by

Japan Crypto Respecter. -Pundi X at Japan.

Pundi X

Pundi X

Pundi X is a leading developer of blockchain-powered devices, including the world’s first point-of-sale solution, the XPOS, which enables merchants and consumers to do transactions on the blockchain in physical stores.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade