Pundi X Japan Nanna
Jun 26 · 6 min read

Virtual RehabがOpen Platformに加わりました。これはVirtual Rehabトークン及びVRHを、当社の世界規模ペイメントエコシステムに統合したということです。

これにより、XPOS加盟店とXWalletユーザーはVRHトークンを使って取引することが可能になります。VRHは、BTC、ETH、BNB、DGX、KCS、KNC、XEM、およびNPXSに続き、当社のグローバルネットワークで使用できるクリプトペイメントオプションとして参加します。

革新的なリハビリテーションプログラム

2017年に設立されたVirtual Rehabは、痛痒緩和、薬物副作用障害への対応(オピオイド等の問題含む)、自閉症者のコミュニケーション療養、繰り返す再発の方へのリハビリなど、様々なことに苦しむ人々に対し電子式の予防ツールを提供することで、医療業界における開拓分野を牽引しています。エストニアに本社を置く企業(米国およびカナダにも拠点)は、バーチャルリアリティ(VR)、人工知能(AI)、およびブロックチェーンテクノロジを組み合わせて、これらの人々により良い効果的なリハビリテーションソリューションを提供するのが目的です。

Virtual Rehabは、主にVRとAIを使用して患者の精神的および心理的なメンタルケアを改善する療養ソリューションを構築していますが、同社はデータとトランザクションにブロックチェーン技術を適用することを計画しています。対象の患者の方々から同社が収集したデータは同リハビリテーションプロセスにとって価値が高く、これらをブロックチェーンに転じることは医療機関と矯正リハビリ機関の間で、より良くも簡単な共有を可能にするでしょう。 それに加え、データは患者のプライバシーとセキュリティを確保するために暗号化されることになります。

また、Virtual Rehabは独自のERC20トークンであるVRHトークンを介してブロックチェーン転用を考えています。Virtual Rehabの製品やサービスのオーダーや決済に使用されるだけでなく、VRHトークンは専門家の治療を受けている患者や、心理学者やセラピストから心身改善のカウンセリングを受けた患者に対するインセンティブとしても使用されます。その革新的な「Proof of Therapy」の概念により、Virtual Rehabは対象の患者の方々にVRHトークンで報酬を与えます。そして、それを彼らは自らが必要とするより多くのサービスに役に立つために使うことができるわけです。

Virtual Rehabがソフトキャップに達したプライベートセールの成功に続き、チームは近い将来VRHトークンのパブリックセールを開催する予定であり、それが終わり次第、ユーザーはXPOSとXWalletで、VRHトークンをすぐに取引できるようになります。 これはVirtual Rehab’s Telegram Groupに参加することでより多くの情報を得ることができます。

このユニークなビジネスモデルは、政府やメディアから世界的に認知されています。ケアプログラムに対するVRの使用については、米国環境省のEnvironmental Scan 2016レポートで認められていることです。同社はまた、The Wall Street JournalのWSJ D.LIVE Startup Showcaseにノミネートされており、カナダでは最も有望な高成長ライフサイエンス企業の1社としても選ばれ、21Cryptos MagazineのTop 10 to Watchで第1位にランクされました。

Virtual Rehabの創設者兼CEO Dr. Raji Wahidyは「私たちの患者を動機付けるためにVRHトークンが使用されるのですが、Pundi Xの皆さんのおかげで、彼らがトークンをどのように使用できるかについてより良い多くの選択肢を与えることができるので、嬉しく思います。」と述べ「これは患者にさらに適切な専門家の助けとカウンセリングを求める動機を与えるでしょう。」と伝えています。

多くの選択肢を与える

「VRHトークンはVirtual Rehabネットワークまわりで使用されますが、Pundi Xとのパートナーシップにより、VRHトークンをお持ちの方は幅広い種類の製品やサービスを購入することもできます。今後、VRHトークンをお持ちの方なら誰でも、世界25カ国以上にあるパートナーの加盟店と取引することも出来るわけです。」とDr. Wahidyは付け加えて話しました。

Pundi X共同創設者兼CEO Zac Cheahは「Virtual Rehabは、優れたブロックチェーンシステムを構築するのみならず、その利を実際のアプリケーションに使用するという私たちのミッションを縮図にしたものです。ブロックチェーン技術を用いて患者のデータを保護しながら、VRHトークンを使用して取引も容易に行います。」と述べ、「Open PlatformがVRHトークンを扱う人々に対し、さらなる有用性を与えることが私たちの願いです。」と語りました。

Open Platformに興味のあるトークン開発者は、Open Platform Webサイトの詳細を参照してみてください。

Virtual Rehabについて

Virtual Rehabのエビデンスベースのソリューションは、様々なことに苦しむ人々の心理的リハビリテーション(痛痒緩和、薬物副作用障害への対応、自閉症者のコミュニケーション療養、繰り返す再発へのリハビリなど)のためのバーチャルリアリティ、人工知能、およびブロックチェーン技術の先進性を利用することです。2017年に設立され、再発と矯正のリハビリテーションのためにVRとAIを使用したものを最初に商品化しました。

Virtual Rehabは、その筋の分野では、疑いの余地のないマーケットリーダーとみなされています。チームは、米国およびカナダ政府、国連、ウォールストリートジャーナル、マイクロソフトなどから世界的な賞を受賞し、表彰されています。

さらに詳しくはこちら https://www.virtualrehab.co.


Originally published at https://medium.com.

Pundi X

Pundi X is a leading developer of blockchain-powered devices, including the world’s first point-of-sale solution, the XPOS, which enables merchants and consumers to do transactions on the blockchain in physical stores.

Pundi X Japan Nanna

Written by

Japan Crypto Respecter. -Pundi X at Japan.

Pundi X

Pundi X

Pundi X is a leading developer of blockchain-powered devices, including the world’s first point-of-sale solution, the XPOS, which enables merchants and consumers to do transactions on the blockchain in physical stores.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade