“1本で何でもウマい万能タレ”のナンデンゴたれが本当に旨々い件について

宮崎土産にかってきたナンデンゴたれ。野菜によし豆腐によし魚によし肉によしというノンオイルドレッシングとのことで、期待していたら、期待以上だった!

冷や奴にも合うし、湯豆腐にもあうし、豆腐ステーキにも最高の相棒! 口に含むと、ナッツの風味がキリッ!と立って、醤油と味噌と酢の味が食材をじゅわっと包み込んでくれるんですよ。

...ん? ナッツ?

キツめの風邪をひいちゃったので、体温高めるべくチューブのしょうがとニンニクをちゅーっと入れて、茹でつくねに合わせてみたんですけど、これまたうまーあい。

残ったタレも、まんまツマミになるくらいうまーあい!

そして、同じく宮崎土産の都濃ワインがウマいんだなこれが。キレのいいライトボディで、昆布とか豆腐の素のままの料理にも合うのよ。そしてゴマを使った濃いめの味にも合うんよ。赤らしいうまみって酸味が支えているものなんかなと思ってたけどさ、違うんだね。いままでタンニンと酸味の違い、知らなかったかもしれない。都濃ワインでやっとわかったかもしれない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.