『マージナル・オペレーション(6)』(キムラダイスケ、芝村裕吏)

アラタの苦悩。「子供使い」として生き抜いてきた彼は、自分たちの次なるステップと、世界の歪みの二つに直面する。いかにそれを乗り越えるのだろうか。

これまである種絶対的な存在であった「子供使い」が、この巻で一度相対化される。それは、これまでの物語から、一つのスケールアップを予感させる展開でもある。

漫画:キムラダイスケ 原作:芝村裕吏[講談社 2016]


Originally published at honkure.net on August 24, 2016.