『聲の形』(大今良時)

全7巻で完結している。

一体何の物語なのかと問われると、返答に困る作品だ。コミュニケーション(あるいはディスコミュニケーション)が中心には置かれているが、それだけということもない。(やや入り組んだ)友情の物語でもあるし、成長の物語でもある。

ともかく、一巻は読むのがきつかった。いじめの状況がもたらす悲惨さというよりも、その反動として返ってくるものの痛々しさが胸に突き刺さる。本作では、バツ印で人の顔が覆われているが、こういう表現はぜんぜんフィクションではない。心と現実世界の距離がふっと遠くなることは確かにある。その途端、世界は急に平べったくなり、意味というものががらがらと崩れ落ちていく。空いた距離は、溝となり(あるいは壁となり)容易に踏み越えることは叶わない。

言葉のあるなしはもちろん大切なことなのだが、それだけでは足りないことについて身に染みる作品だ。

大今良時 [講談社 2013]


Originally published at honkure.net on October 15, 2016.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 倉下 忠憲’s story.