小型機体を用い、インターネット越しにドローンを遠隔操縦することに成功

Akira Hirakawa
Nov 24 · 7 min read

~レベル4を見据え、遠隔地からによる人の操縦による操縦サポートの実現に向けて~

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)、セコム株 式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:尾関一郎、以下「セコム」)、株式会社旭テクノロジ ー(本社:兵庫県姫路市、代表取締役 幸長 保之、以下「旭テクノロジー」)、株式会社Red Dot Drone Japan(本社:シンガポール、Co-founder 三浦望、以下「Red Dot Drone」)、株式会社KADO (本社:兵庫県たつの市、代表取締役社長 倉谷泰成、以下「KADO」)は、2021年10月27日~28 日、兵庫県内にて、医薬品配送、巡回警備、煙突点検、スポーツ空撮の4つのユースケースでの実証 実験(以下、本実証)を実施し、成功しました。

本実証は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)からの 2020・21年度受託事業(*1)の一環であり、2022年度の第三者上空での目視外飛行(以下、レベル4 運航)実現に向けた運航管理システム検証を目的として、KDDI株式会社が開発した「KDDIスマート ドローン」を利用し、複数ドローンの飛行状況・飛行計画の把握、他ドローン接近時の飛行回避対応 などを検証しました。レベル4運航の実現により、医薬品をはじめとする物流・警備・点検・空撮・ 災害対応など、ドローンの新たな活用領域の拡大が期待されています。

弊社の役割は以下の通りです。

【JAL】

  • 役割:医薬品配送
  • 飛行エリア:洲本市 メディセオ淡路支店駐車場 ⇔ 県立淡路医療センター屋上庭園(往復約5km)
  • 概要:医薬品(アンプル)疑似品等を輸送。最大積載量5kg。今後の都市部におけるドローン活用を見据え、河川上空7つの橋梁を越える飛行に加え、イレギュラー発生を想定した緊急着陸・離陸地点引き返しシナリオを実施。
7つの橋梁を越えるドローンの飛行ルート

【セコム】

  • 役割:巡回警備
  • 飛行エリア:姫路市 網干ボートパーク~網干なぎさ公園(不審者追従時:兵庫西スラッジセンター)
  • 概要:網干ボートパーク周囲の巡回警備、および、不審者発見時における追従から帰還までの一連の警備シナリオを実施。また、点検用ドローンとの近接を行い、事前に設定した優先度に従って緊急着陸、上昇等の複数の回避行動も実施。
警備用ドローンの飛行ルート

【旭テクノロジー】

  • 役割:煙突点検
  • 飛行エリア:姫路市 エコパークあぼし~兵庫西スラッジセンター
  • 概要:エコパークあぼし並びに兵庫西スラッジセンターにて、煙突など人の立ち入りが難しい場所での点検を実施。また警備用ドローンとの近接を行い、事前に設定を行った優先度に従って回避行動を行う。緊急着陸、上昇等の複数の回避行動を実施。
旭テクノロジー社のGCS画面

【Red Dot Drone】

・役割:スポーツ空撮
・飛行エリア:上群町 ダイセル播磨光都第1、第2サッカー場
・概要:Red Dot Droneは、空撮ユースケースにおいてドローンが配置されているサッカー場か

ら、約1km離れた場所のドローンパイロットによる遠隔操縦にて、ドローンを安全に飛行 し、空撮業務が行えることを確認いたしました。

RedDotDrone社のGCS画面

【KADO】

  • 役割:物流ドローン実証支援
  • 概要:物流ユースケースにおけるドローン運搬用BOXの提供・実証支援
KADO提供運搬用BOXを装着したドローン

Red Dot Droneが提供する遠隔操縦技術は、数千km離れた場所のドローンも操縦することが可能 です。現在ドローン産業において、自動操縦、自律制御による飛行を模索していますが、まだまだ人 の操縦によるサービス提供が現実的です。また緊急時等、人による柔軟な操縦介入も求められている のが実態です。その一方で、ドローンパイロットは現地に赴き、比較的過酷な環境下で、ある一定時 間集中して業務を遂行する必要があり、パイロットに多大な負担をかけることになっております。そ のため、ドローンパイロットの人件費も高くなってしまう弊害があります。

それらの問題に対応するために、環境が整った遠隔地から、遠隔操縦でドローンを飛行すること により、パイロットの負担を下げ、集中力の持続時間を伸ばし、より多くの作業に取り組めるように 考えました。レベル4を見据えると、こういった需要がますます高まることが予想され、より安心、 安全に遠隔操縦を行うためにも、運航管理に加わり調和した形が求められます。本実証実験では、 Red Dot Droneの遠隔操縦システムとKDDI提供の運航管理システムが連携し合えることが確認できま した。

今回の実証実験を通して、この遠隔操縦技術が有用であることを確認しましたので、運航管理シ ステムと連携する形で安全を担保しつつ、持続可能なビジネスモデルの確立に向けて、引き続き社会 に貢献していきたいと考えております。

(*1)2020年度は兵庫県播磨科学公園都市において先行実証を実施。
参考: 2021年3月25日付プレスリリース 『物流、警備、点検、空撮をミッションとする複数ドローンの同一のエリアにおける同時運航に成功』 https://www.jal.com/ja/press/backnumber/areanews/attaches/pdf/ osa_210325.pdf

(*2)2021年6月 内閣官房・厚生労働省・国土交通省が作成

参考: https://www.mlit.go.jp/common/001411070.pdf

(*3)NEDOによる2017年度~2021年度実施プロジェクト

参考: https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100080.html

Red Dot Drone

a drone startup focusing on aerial filming technology

Red Dot Drone

a drone startup focusing on aerial filming technology