可能性は全くないわけではない、希望はあると信じている。
道具や思考法などの型から入るというのは無駄ではないと私も思います。使っている本人は、補助具というより、自分をより強化する道具だと思って使っているのでしょう。
隆之介(codenetJP)
31

数字遊びですが:

(知的さにおいて)みな同じくらいという幻想” @zABv34 “(知的さにおいて)みな同じくらいという幻想

こちらに書いたこととも関係しないではありませんが、型は役に立ちますし、さまざまな人の能力や発想は実際には簡単に切り捨てられるものではありません。

高次脳機能障害の方の例をあげられていましたが、すこし鬱の人と関連するかもしれないなと思い。鬱(大鬱)の方の場合、意識的に以前と比べることができるという特徴(?)があります(高次脳機能障害の方もそうかもしれませんが)。これが、本人にとってはきついようで……

ですが、そういう方々はひとまず置いておいて、「この方法を取れば優秀に(?)なれる」と考えがちな人々(?)に対して思うことでした。

型もつきつめれば、突破ということもあるかと思います。守破離のように。ですが、そういう方々はそこまで極めようと(?)しているのかななどなど。

日本では(あるいは日本に限らず)、生得的な能力差の話題はタブーのようにも感じます。そこにすこし疑問があるので、むしろ反感を買うかもしれないという文体を意図している部分もあります。

Like what you read? Give PsychoHazard a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.