ギャンブル性を持ったアプリ

新しくアプリを出しました。数学の確率の問題を扱ったアプリです。リリース前に一度リジェクト(公開を拒否)されているのでその話を書きます。

アプリの概要

共通テスト(センター試験から名前が変わる)の確率の問題を扱うアプリで、図解したり、アプリ内で試行(例 : くじを引く)が出来ます。

壁にぶつかる

アプリを提出するときに対象が何歳なのか設定するところがあります。そこでは、暴力や性的な表現などの各項目を

から選びます。これを元に対象年齢が決まります。


江戸時代からある伝統的ゲームを3D化

アプリを出しました。ゲームは初めてです。

このアプリは、全ボールを経由するルートを見つけてボールをすべて消す空間認識ゲームです。「斜め」「後戻り」が禁止。対象はiOSのみ。

この記事ではこのアプリを紹介します。

概要

やることはタップしてボールを消すだけなのですが、消す順番の制約がゲームを面白くしています。主に

の2つのルールがあります。

ゲームをしている様子はこちら

解読パズルとしての面白さ

簡単なステージでは、たまたまゴールまでたどり着くことがありますが、複雑なステージになるほど、ルートを一つ一つ論理的に潰していって正解を見つけることが必要になる消去法型パズルです。

作ったきっかけ

このゲームの元になったのは昔からあるパズル「碁石ひろい」というものです。これは碁盤の上で碁石を使って行うパズルです。やってみたら結構面白かったので、アプリ化を検討しました。しかしすでに別のものがあったので、何か新しいものを付け加えようと考え、3次元化を思い付きました。同じルールでも3次元になると違った面白さが生まれると感じたので開発がスタートしました。

3次元化による面白さ

ボールの配置を3次元化したことで複雑さが増します。2次元ではすべてがひと目で把握できるのに対し、3次元では全体を把握することが難しくなります。ステージを回転させいろいろな角度で見ながら、配置を把握することが必要になります。従来の2次元ステージも用意しています。


A traditional puzzle in three dimensions

I’ve released an app. It is my first game.

This is a game to find a route going through all the balls. What makes the game interesting is the constraints of selecting a route. It is only for iOS.

In this article I will introduce this app.

Overview

All you have to do is tap to erase the balls. What makes the game interesting is the restriction on the order in which you erase them..

There are two main rules.

Here is a video of playing the game.

Interesting as a deciphering puzzle

In simple stages, you may…


文章中の漢字を習う学年によって色付けするiOSアプリ

子供向けに文章を書くとき、つい習っていない漢字を使ってしまうということがあります。子供に合わせて使う漢字を制限するとよいでしょう。

文章をチェックするためのツールをApp Storeで探してもイメージしていたアプリはなかったので、作ってみました。

基本仕様

入力された文章中の漢字を学年ごとに色付けします。


カセットテープの最後の空き時間はアルバムの一部なのか

自分のアプリの話題。

カセットテープアプリは世の中にたくさんある。だいたいどれもデバイスに入っている音楽をかけながらテープが回転している映像を表示する。そこにはアプリならではの新しい機能はまずない。このアプリもその点は同じで、既存のカセットデッキを再現したものに過ぎない。

では、すでにいくつかのアプリが出ていたのに、このアプリを作った理由は何か。

作った理由

カセットテープは時間いっぱいに曲が録音されることはほとんどなく、各面の最後に空きが出来てしまう。すると、アルバムを録音するとき、その空きの時間はアルバムの一部なのかそうではないのかという問いが出てくる。

この空白時間はどういう媒体で出されたかによって製作者側の意図が変わる部分である。レコードで出されたものなら製作者の意図だろうし(テープとレコードの時間が同じにはならないが)、CDなら製作者の意図ではない。そういう見方もできる。ただ、製作者の意図がどうであれ、そこに空白があればこの問いは出てくるというのが私の感じ方である。

このアプリは、この問いに結論を出すことが目的ではなく、その問いが生まれる状況を実現させることが目的である。

ストアで売っているほかのアプリには、この部分を再現しているものがなかった。カセットをシミュレートするならそこを再現しないと、という気持ちがあったので自分で作成した。


アベントカレンダー2018のPLCに参加

前回と同様に、LadderTouchの確認問題の中から1問を取り出して、解いていく過程を紹介する。今回は「複雑3」という問題を取り上げる。前回同様、この記事を見ている方はラダーの読み方がわかっているものとして話を進める。

問題


なぜアニメーションを変更出来るようにしたのか

このアプリは算数の「速さ、時間、距離」の問題を扱います。先生や親が子供に教えるときに使うことを想定して作りました。公式の丸暗記を避け、車が走るアニメーションを見ることで、概念の理解を目指します。

「理解する」ということが目標でありますが、このアプリだけでそれを100%達成することは難しく、教える人の力が共存して可能になると考えています。そして、そのためには、教える人が使いやすいアプリである必要があります。

今回(ver 3.2.0)、アニメーション部分に機能を追加しました。今まではアニメーションのタイプがひとつでしたが、「こういう説明をしたいがアニメーションと違うのでやりにくい」ということがあるのでは、と考え、使う言葉の選択など、説明するときの表現の多様性に対応できるようにしました。教える人の感覚に合わせられるようにアニメーションのパターンをいくつか用意しています。また、学習する子供の感覚に合わせ理解しやすいようにカスタマイズする可能性も広がります(当然それを見抜く役が重要であるが)。

表示する速度バー

の3パターン

通過中の速度バー

の2パターン

数字

の2パターン


私が作成したLadderTouchというiOSアプリがあります。Ladderとは部品を線で結んで視覚的に組み立てるプログラム言語です。そのアプリの中にLadderの理解を確認する問題がいくつかあり、最近その中のひとつをやってみました。問題を作成したのは5年ほど前なのですっかり忘れていました。その結果、ユーザー目線で取り組むことが出来ました。

その経験を通して、ややこしめの確認問題を解く過程を記事にしたら興味を持つ人が出てくるのではないかと思い付き、この記事を書くことにしました。

初めに

ラダーの読み方について説明が足りない部分があるかもしれません。LadderTouchの中に結構頑張って書いた説明があります。

やってみる問題

トレーニングに含まれるOrder(順番)というものです。以下のものです。これの赤をONさせればクリアです。


実際の大きさに近いサイズで表示

カセットテープアプリをバージョンアップさせて横画面に対応しました。今までは縦画面のみでした。

横画面ではラジカセとインデックスカードを分けて、それぞれを大きく表示させることが出来ます。大きく表示出来るので実際のカセットの大きさにだいぶ近くなりました。


3種類用意しました

概要

この カセットテープアプリ のカウンターの仕様を説明します。カウンターの仕様は3種類あります。

実際のラジカセ

実際のラジカセの場合、リセットボタンを押すと機械の表示は変わるが、当然、インデックスカードに書かれた数字は変わらない。また、A面の頭で0にセットしていたとしても途中でカセット入れ替えたときにずれてしまう。カウンターはあまり使われることがない機能だと思う。

このアプリは

このアプリは、ソフトウェアなので、インデックスカードの表示も変えることが出来て、実物のラジカセより出来ることが広がっている。

固定仕様の説明

機械の表示もインデックスカードもA面の頭を0としてます。リセットボタンは機能しません。アルバムを変更すると、新しいアルバムの現在値によって機械の表示も変わります(*)。

(*)アルバムを新しく選んだとき、そのアルバムが前回終了した位置でセットされます。

追随仕様の説明

リセットボタンを押すと機械のカウンター表示は0になり、インデックスカードに書いてある数字もあわせて変更されます。テープの途中でリセットボタンを押してカウンターが0になっても、インデックスカードも同時に変更されるため、機械とインデックスカードのズレがありません。

アルバムを変更したときは、そのときの機械の表示と新しいアルバムの現在値から、インデックスカードの値を計算して表示します。

Works

作ったアプリの紹介

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store