『ZenFone3』購入レビュー。

ASUSオンラインショップで予約注文していたZenFone3が届きました。妻にスマホと思い、色々と調べていたのですが、以前よりコスパの高いゼンフォンシリーズをチェックしていました。ちなみに妻は今どきSNSもやらないスマホに全く興味がない人です。笑

でも、そろそろ使っているガラケーも古くなってきて今にも壊れそうなのでこの際買い替えるということに。

ZenFone3の主なスペック

OS:Android 6.0 Marshmallow

ディスプレイ:5.5インチ1920x1080フルHDIPS

CPU:Snapdragon 625 2.0GHz 8コア

RAM:3GB

ストレージ:32GB

背面カメラ:1600万画素

前面カメラ:800万画素

正面からの写真。

上部にはイヤホンジャックがあります。

下部にはUSBポートとスピーカー。USBは上下逆さでも挿せる新しい規格のUSB-Type-Cとなっています。従来のUSBだと逆さまに挿して壊れる恐れがありましたが、この規格なら大丈夫。

横部分にはボリュームボタンと電源ボタンがあります。

背面です。カメラの下には指紋認証センサがあります。これが便利!

専用のカバーを装着した様子。

ZenFone3の良いところ

  1. 3GのRAMで動きはサクサク。
  2. 背面のガラス加工は高級感がある。
  3. 指紋センサーの精度が高い。
  4. 上下対象の形状、USB Type-Cコネクタが便利。
  5. 1,600万画素の背面カメラを搭載。

ZenFone3の悪いところ

  1. 日本向け価格が海外に比べて割高。

まとめ

ZenFone3は、台湾では28,000円程度で販売していますが、日本価格は税込みで43,000円程度かかります。15,000円の価格差はさすがに大きいです。日本版と中身がほぼ同じ台湾版なら通販ショップのAmazonで販売されています。並行輸入品のSIMフリー端末を購入する方が賢い選択かもしれません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.