パートナーとキャピタリストが語る『The First Movers』Hands “in” Batch Program の想いとは?!

こんにちは、サムライインキュベートInvestment Groupの岩田です。
サムライインキュベートで起業家とお会いさせていただき、投資の実行と投資後の伴走の役割を担っています。

先日、新たな取り組みとして、起業家向けに「The First Movers」Hands “In” Batch Program」を発表しました。
今回は、プログラムの概要と、プログラムにおける私達の「想い」として、パートナー2名とキャピタリスト2名がそれぞれお話させて頂きます。
(※少しでも興味を持った方は是非プログラムに申し込んで下さい!お待ちしています!)


-プログラム概要

「The First Movers」は、2019年1月8日からスタートするサムライインキュベート初のBatch Programです。
当プログラムは、アイディア着想段階の起業家・スタートアップの卵を対象にした合計3ヶ月の短期集中プログラムとなっていて、アイディアの創出から仮説検証まで共に我々が伴走していきます。このプログラムを通じて、出資のチャンスもあります。
まさに、起業家へHands “In” する、本気のプログラムだと自負しています。(詳しくはこちら


-パートナーとキャピタリストの想い

榊原 健太郎(創業者 代表取締役 共同経営パートナー)

サムライインキュベートは設立からこれまで、会社設立前〜直後のアイディア段階、いわゆる”起業家の卵”たちにトコトン伴走し、インキュベート(育てて孵化する)というスタンスを貫いてきました。
「The First Movers」は、このスタンスをギュギュギュッと凝縮させるとともに体系的なフレームワークに落とした秘伝のプログラムです。

これまでサムライは、まだ誰も解決していない社会の課題・問題を、率先して解決しようとする起業家の卵たち「The First Movers」をずっと支援し続けています。そして、誰よりも速いFirst Moverとして、アイディア段階での投資、起業家向けコワーキングスペース、イスラエルブランチ、支社としてルワンダ拠点設立など多数行ってきました。

アイディアはあるけど、怖くて起業できない、誰にも支援されない、儲からないなど批判された、ニーズがないと言われた、実行力がない、、、、といった悩みを抱える方々がいると思いますが、私自身も同じ思いを持ちながらもここまで突っ走って来ました。その中で一番重要なことは、皆さんの”社会の課題を解決しようとする志”だと思います。

もっともっともっと、世の中にFirst Mover達を増やし「できるできないでなく、やるかやらないかで世界を”共に変えていきたい”」です。

超全力で、インキュベート・伴走しますので、まずはこのプログラムに応募してその一歩を踏み出してください!


長野 英章(共同経営パートナー Chief Strategy Officer)

<ダイマーズラボを創業後、大手企業とのジョイント・ベンチャー立ち上げや、数々の企業の新規事業創出の支援を行う。自身の経験から事業創造フレームワークを生み出し、起業家の支援を行っている。海外へのバスケ留学経験有り。うにが食べられない。>

起業や新規事業は「仮説検証」の連続だなと日々感じています。戦略から実行まで、起業家自身の頭で描いた仮説を顧客/ユーザーに当てていくことで日々検証を行っていきます。

様々な起業家や新規事業を伴走させて頂く中で気付いた事は、起業や新規事業を立ち上げる時にまず陥る課題は「仮説検証プロセスを仮説検証する事」に多くの時間、体力、マインドシェアを奪われる現状でした。多くの方々が事業立ち上げをする事が初めてな状態で起業しますので、最初から仮説検証プロセスを熟知して事業立ち上げが可能なわけではありません。

一方で、このギャップを埋めなければ、課題の解決を待っている顧客/ユーザーのニーズを満たす事はできません。また、この状態を放置してしまっていては、イノベーションが顧客/ユーザーへ届く確率も下がり、マクロ的に大きな機会損失を生み続ける事になると考えています。

「The First Movers」は起業家が情熱を注ぐ事ができるアイデアを顧客/ユーザーに向き合って、無駄なく&生産性高く「仮説検証する事」だけに徹底的に集中できるようにするために、事業アイデアの創出からリーン検証までを体型的に整理したフレームワークを活用し徹底的に伴走するプログラムです。

起業家の皆様の熱量と実行力を最大化するために、それ以上の熱量と伴走力で伴走をさせて頂きたく思っております!

個人的には産業課題の解決や産業構造をテクノロジーを活用して顧客ベネフィットの最大化ができるような事業に魅力を感じます。

Bold & Magnificentなアイデアを持った起業家と伴走させて頂く事を非常に楽しみにしております!


岩田 諒祐(Team Leader Investment Group)

<新卒で不動産スタートアップ入社。新卒ながら支社の立ち上げや事業推進を担当。世の中に更に大きなインパクトを起業家と生み出したいと思い、2018年にサムライインキュベート入社。筋トレが趣味。好きな食べ物は、サラダチキンとサプリメント。苦手なものは一発芸。>

「サムライが起業家とやるべきBatch Programとは何か?」という自身への問いかけが「The First Movers」着想のきっかけでした。

Batch Programというものは世の中にたくさんあり、日本だけでも名だたるVCや事業会社が取り組んでいます。では、サムライではどうしたらいいのか。すでにある事業を育てていくアクセラレータもできますが、それ以上にサムライが最大限価値を発揮できる、何よりサムライがやるべきBatch Programは「起業をしたい、課題を解決したい、アイディアはあるけどどうすればいいかわからない」という起業家の卵と、「アイディアを生み出すところから、立ち上げ、事業を育てるところまで共に伴走する」ということだと思い、この「The First Movers」の実施に至りました。

僕たちは、強い想いを持った起業家と、解決したい誰かの課題を解決できる事業を共に立ち上げ、一緒に伴走したいと思っています。

サムライインキュベートはそのような起業家と伴走してきたVCであり、事業を立ち上げ育てた経験のあるメンバーが多くいます。

一緒に、第一歩を踏み出して「First Mover」になりましょう!


平田 拓己(Senior Associate Investment Group)

<高校生から株式投資を始める。趣味は四季報を読むことと寿司の食べ歩き。ヘルスケア領域の投資に特に興味がある(もちろんそれ以外の分野にも投資します)>

ぜひ、想いを持った起業家の方と一緒に事業を作っていきたいと思っています!

自分が経験した課題、家族が経験した課題、だれかの課題を解決して、だれかを幸せにできるようなサービスを作りたいと思っている起業家の方!一緒に事業を作らせていただきたい。
課題が解決された理想の社会を起業家の皆さんと共有させていただいて、その社会を実現するためにできる限りのサポートを全力でしたいと思っています。

解決したい課題しかない、こうすればもしかすると解決できるかもしれないけど、不安が残っている。そんな状態で大丈夫です。一緒に解決するための方法を考え、仮説検証をし、一歩一歩課題解決に近づいて、最終的に解決された社会を喜びたいなと思っています。

とある会社の大切にしていることの中で、幸せの定義の中の1つに「幸せにしたい人を幸せにできること」という言葉があります。個人的に僕はこの言葉が好きですし、とても共感している言葉でもあります。

ぜひ、一緒に幸せにしたいと思う人を幸せにできるような事業を考え、作っていきましょう!


-最後に

今回は、初めてのBatch Programスタートに向けて、パートナーやキャピタリストが抱いているそれぞれの熱い想いをお伝えさせていただきました。

私達は「できるできないではなく、やるかやらないかで世界を変える」という精神で今まで一貫して起業家の支援を行ってきました。本気で皆さんと一緒に良い事業を生み出したいと思っています。

第一回「The First Movers」Hands “in” Batch Programは2018年11月30日(金)まで応募受付中です。皆様のお申し込みをお待ちしています!


<サムライインキュベートへのお問合わせはお気軽に!>
・オープンイノベーションの話を聞きたい
・サムライの企業内新規事業立ち上げノウハウを知りたい
・新規事業立ち上げの社内ワークショップを開催して欲しい
・シード期における資金調達の相談をしたい など