RICOH GRⅡは「メモ帳と万年筆」みたい

サッととりだしパッと撮れる高級コンデジ

ずっと買おうと思っていたRICOHのGRⅡを買いました。

使ってみたところ、さっと取り出しぱっと撮る、ということに特化したカメラかなと思いました。

ズームやEVFは無く、デザインもインターフェースもシンプル、でも綺麗に撮れる。ちょっと高級なノック式ボールペンのような感じで使えます。

いろいろ考える前にとにかくシャッター切ろうぜ、という気持ちで使うと良い一台ではないでしょうか。

GRⅡを選ぶうえで考えていたこと

■旅先での記録用としては一眼レフカメラは大きくて重い
■かといって、スマホだと頼りない(とくに薄暗い場所)
■なら高級コンデジがいいよね、ということで、1インチ以上のセンサーを搭載しているコンデジが欲しくなる。
■訪れたさきで急にデカいカメラ出されたら相手も困るよねきっと。
■しばらくスマホで旅の記録を撮っていたところ、「仕事で撮る(ガチで撮る)のでもないかぎりズームは無くても大丈夫」ということに気付く。
■本体の出っ張りが少ない方がいい。
■センサーサイズはなるべく大きめがいい。
■できればスマホと連携する何かがほしい。
■さっと取り出してすぐ撮れるのがいい。
■持ち歩くのに疲れないのがいい。

使ってみて気に入ったところ

■右手だけでほとんどの操作が済む。
■意外とキレのある写真が撮れる。
■「GR Remote」で、スマホでのカメラ操作や画像取り込みができる。
■撮影にあたってレンズカバーの取り付け外しをしなくて済むのはラク。
■動画のフォーカス性能は、D600に比べるとだいぶ良い。

使ってみて思ったこと

■一眼レフ(自分のはNikonのD600)に比べたらさすがにAF性能は劣る。
■スマホとの連携アプリ「Image Sync」は噂通りダメだった。
(20170531追記:Wi-Fiで接続し写真をスマホに取り込む用途として使うのならOKだと思います)
■手ぶれ補正が無いみたいですが、とくに気にはならない。(一眼レフでも手ぶれ補正無しのレンズを使っているからかもしれません)
■レンズのところにゴミが入ってこないかちょっと不安。
■外付けマイクが使えないので、動画撮影時にAFの駆動音が入ってしまう。

GRⅡでとってみた写真はこんな感じ。露出を-0.7ぐらいにして撮ったような気がします。

まだそれほど使い込んではいませんが、今のところはRICOHのGRⅡをけっこう気に入ってます。気軽に持ち出せて、難しいこと考えずに撮れるカメラ。GRⅡをもって、どんどん出かけたいですね。

ちなみに、レンズの周りのリングが緑色なのは、初回生産限定品(中古)を買ったからです。本当は通常版の黒がよかったのですが、たまたま見つけた「新品同様」で安く買えるのがこれだったので…

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.