手袋を買いに

子狐の動画をみた母さん狐は、風切り音の酷さにウィンドスクリーを買ってやることを思い付きました。

母さんは子狐の片手を人間の子供の手に変えてやり、言いました

「人間の方の手でMV88とお金を、戸の隙から差し入れて『これに合うモフモフください』と言うんだよ。相手が狐だと解ると売ってくれないし、つかまえて檻の中へ入れちゃうんだよ」

子狐は電気屋に着くと、教えられた通りMV88とお金を戸の隙から入れようとしましたが、戸からもれる明かりの眩しさに、つい狐の手の方を使ってしまいました。

「これに合うモフモフください」

店主は狐だと気がつきましたが、ブラウザはFirefox派なので、MV88用のウィンドウスクリーンを売ってやりました。お金は本物でした。

お母さん狐は小狐の話を聞いて呆れましたが、「ほんとうに人間はいいものかしら」とつぶやきました。

#散財力の高い童話

Like what you read? Give Muramatsu a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.