SD-LAB 中村健司 プロフィール

大学時代より、国内外でNGOの活動に参画。カンボジアでの支援活動や、日本国内でのNGOの運営に携わる。98年、大学を休学し、東南アジア諸国をローカルの移動手段のみで旅をしたり、カンボジアのローカルNGOの活動に参加したりすることで、発展途上国の現場の目線を養う。その後、日本とイギリスの大学院で研究。国際法、国際政治経済の2つの修士号を取得。

修士論文
「社会権規約上の食糧に対する権利に対する考察」
「NGOとの協働は企業の競争力を増すのか?」
 
 卒業後、地域密着のビジネスで日本型のビジネスの基本を学ぶ。その後、大阪と、カンボジアのシェムリアップで合計7年間ソーシャルレストランを経営。この間、飲食店の経営と並行して、カンボジアスタディツアー、カンボジア映画祭、カンボジアや国際協力に関するイベント、ワークショップ、教育機関や経営者団体での講演、ビジネスセクターや国際協力団体のサポートなどを多数行う。

現在は、これまでの途上国の現場での活動、研究、NGO、ビジネスという幅広い経験を活かし、国際ラーニングファシリテーターとして、以下の活動を行なっています。

タイ、カンボジア、フィリピン

  • 海外進出日経企業向け:日本人と現地スタッフとの間の異文化コミュニケーションのワークショップ、継続的なサポート、現地リーダー層の育成・コーチング
  • 現地企業向け:アクティブラーニングやコーチング、学習ファシリテーションなどを織り交ぜた企業研修、マネージャー研修、現場スタッフの教育、など。
  • ソーシャルビジネスに取り組むNGOへの各種サポート
  • 出版とアクティブラーニング型ワークショップの組み合わせによる学習ファシリテーションの普及(タイ)
  • 誰かのために料理するギフトクッキングのワークショップ事業の立ち上げへの参画(タイ)
カンボジア企業のマネージャー研修
カンボジア、シェムリアップ郊外にある養鶏場にて

実績例

  • カンボジア、シェムリアップの企業グループにおけるマネージャー研修
  • カンボジア、シェムリアップのローカル企業へのコンサルティグ、スタッフ教育、マネジメントの仕組みづくり
  • 代替的な開発に関する国際学会にて発表
  • カンボジア若手起業家協会シェムリアップ支部へのワークショップ
  • カンボジアオリンピック委員会(会長はトンコン現観光大臣。カンボジアの全スポーツ協会を統括、調整する機関)におけるチームビルディングのワークショップ(同ワークショップが取り上げられたカンボジアの新聞はこちら)
  • カンボジア、シェムリアップ郊外にある国際NGOが運営する養鶏場のマネジメント、セールスマネージャー
  • ノーベル平和賞を受賞したユヌス博士が始めたマイクロクレジットを実施する、グラミンオーストラリア・フィリピンへのワークショップ(マニラ・フィリピン)
  • タイと日本の起業家の交流と協働を促すワークショップの企画、コーディネート、ファシリテーション(タイ中小企業協会主催)
  • 日本の大学の公式な単位認定カンボジア研修ツアーにおける学習ファシリテーション

など。

※ 依頼にもとづき、現在実施予定のプロジェクト

  • タイ・トラート県の企業連盟へのワークショップ
  • アフリカ、ニジェールおよびトーゴの大学におけるワークショップ型の短期集中講座

日本企業、日本人向けのサービスはこちら

中村健司の活動については下記の記事にも詳しく記載されています。

http://www.ganas.or.jp/20170810nakamura/

◉フォローしておいてください。

活動を通して得た学び、カンボジアでのソーシャルラーニングツアー、日本での講座・ワークショップなどのご案内をしますので、下の方法で、ぜひ私をフォロー(Follow)しておいてくださいね。Mediumのアプリをスマートフォンにダウンロードしておけば、新しい記事がアップされると通知がくるので便利です。
iphone アプリ
Android アプリ


※実際のフォロー(Follow)ボタンは、このすぐ下にあります。

◉サービスはコチラ

◉お問い合わせはコチラ