ストレスな職場環境.

差分を取ってみた、という話なのだが、最近自席でコードを書くことが苦痛になってきた。というのも、結構自分の職場はガヤガヤしていて集中力が持っていかれがちだった。特にコードを書いている時間が圧倒的に多いので、このガヤガヤ環境は非常にストレスとなっている。なのでコードを書いている時はもっぱらイヤホンを耳に付けて音楽を聴いている。しかしまぁ言ってしまうと、それをする必要がない場所でコードを書けると嬉しかったりする。ってぐらい最近自分の耳が敏感になっていて、近くの席にボリュームの大きい人がよく喋っているのでそれが特にストレスとなってたりする。

で、前からやってはいるが自席なら離れてコードを書くことが増えた。別のフロアに行くとソファがあって、そこでコードを書くと非常に集中出来る。人もあまりいないので、周辺情報量の少なさも影響しているのかもしれない。ただ、そこへ行くと自席じゃないと繋げられない環境にアクセスできなかったりするので、全てをそこで作業することが出来ずに辛かったりする。とはいえ、基本はそこでコードを書いてCommitして成果を出している。

ぶっちゃけると、職場よりも自宅の方がプログラミングをする環境は整っている。完全集中して作業ができる場所。疲れたらソファでくつろげる。多分、自宅でコードを書かせてもらった方が効率が良いと思う。たぶんね。

優先順位としては結構下がるものだと思ってはいたけれど、職場環境って割と大事だと最近強く思うようになった。次の職場を探す時はそこの観点も大事にしたいなぁと思った。まぁ優先度5位くらいか。しかし軽視されがちだけど、リラックスしてコードを書かせる環境を用意するのは大事だと思った。というか、そういう環境を用意してるとこは、エンジニアリングを大事にしてるんだなぁと思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.