C力が足りない.

毎週各言語が変わっている気がする。先々週はGo、先週はOCaml、今週はCという具合。たまにScheme。職場では相変わらずPythonを書いている。なんとなく、個人的にはGoが一番しっくりくる。Golangのコードを写経したりするんだけど、書いていて心地が良い。S式もいいけどね。

C言語は他の言語を比べて書いてきた時間は圧倒的に少ない。普段は仕事とかでPythonメインであるため、C言語で意識しないといけないメンドくさいところ(メモリとかポインタとかね)を無視して普段を過ごしていることもあり、久しぶりに書くと躓くことが多い。

C力の低さを感じるわけで、変に落ち込む。なんとなく、C力が低いとプログラマーとしてダサいという思い込みがある。ググる頻度が圧倒的に多いので、構文を覚えるレベルで読む量と書く量を増やさないといけないな、と思っている。いやさ、セグフォがめっちゃ起きるわけなんだけど、もうちょっとサクサク書けるようにならないとスピード出ないよなぁと思うわけ。

Pythonの上で胡座をかいてないで、C言語頑張ろうという話でした。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Kohei Yamaguchi’s story.