1日の締めをちゃんとやること

日次レビュー大事って話

最近、忙しさにかまけて日次レビューをサボりがちになっていたんだけど、どうもそれが原因なのか、心と身体のバランスみたいなものがちょっと不安定になってきてる様に思う。

朝会社に向かう足取りがどうにも重たい。朝のエネルギーに満ちた感じというのが消え失せていて、のっけから「あの件どうしよう」「あれもできてない、これもできてない」と昨日来の不安や悩み事が気になってしまう。

日次レビューでは、以下のことをやる。

・1日のライフログを残す(食事、運動、勉強、読書)
・その日出来たことを振り返る(手帳&日記)
・明日に向けて情報を整理(Google calender、Toodledo、Evernote整理)

たったこれだけの事なんだけど「1日がきっちり締まる」という感覚はそれはそれで凄く大事。悩み事や、やらないと行けない事、気になることも手帳に書き留めて「はい、また明日」とやれば良い。

たったそれだけの事なんだけど、これを疎かにすると、次の日の気の持ちようがえらく変わってしまうのだからバカにならない。

日々百点で生きられないにしても、せめて振り返って「今日も一日頑張ったぞい」と言って1日を終えたいものである。