ライターとしての自分の強みをどう伸ばすか

講座やイベントを開催した際に、「自分の強みはどうやったら伸ばせますか?」といったご質問をいただきます。

本格的にライターとしての仕事をはじめて半年〜1年ほどすると、どこを強みにしていくべきかを考えるようになる様子。

では、ライターの強みというのは何が挙げられるのでしょうか。ライターと一口に言っても、その構成要素は様々です。

文章力、企画力、取材力、専門性、ビジネススキルから、性格や過去の経験までいろんなものが強みになります。

自分がどこを強みにしていくべきなのかは、最初はわからないかもしれません。まずは、気になっていること、挑戦してみたいことに積極的に取り組んでみることから。

経験してみると、自分に向いていそうかどうか、やってみて楽しいかどうかがある程度わかります(中には続けていって楽しさがわかるものもありますが)。

「自分にはこれが向いているな」とわかってきたら、その領域を強みとしていくべく注力していく。強みにしたいと思える領域を見つけては強め、また新しいことに挑戦することで強めたい領域を見つける。

発散と収束を繰り返すようなつもりで物事に取り組んでいけば、強みを伸ばしていくことができるのではないでしょうか。


Show your support

Clapping shows how much you appreciated モリジュンヤ’s story.