「なぜ書くのか」「何を伝えたいのか」を掘り下げ、実践を交えながら学ぶ講座を開講します。

Kotaro Okada
Mar 30, 2017 · 9 min read

※受講枠に空きがあったため、募集〆切を4月24日(月)まで延長しました!(受講料の分割払いも可能です!)

sentenceでは、書くことへの意欲はありながら、書くための“スキル”や“考え方”、書き続けられる“環境”が不足している人のためのライティング講座「sentenceゼミ」を開講します。

書くことに関心がある人、これまで書いてきた人は、何かしらの「伝えたい想い・テーマ」を持っていると、私たちは考えています。

ただ、「漠然と書きたいことはあっても、いざ書こうとすると書き始められない」「なんとなくブログや記事を書き続けてはいるものの、このままでいいのかわからない」――そんな声も、たびたび耳にします。

「sentenceゼミ」では、ワークや実践、受講生同士のインタラクションを通じて、スキルを磨きます。一方で、それ以前に明確にするべき“どんなことを、誰に向けて、どんなスタイルで書くのか”という、「書く理由」を丁寧に探究していきます。

継続的にライティングを行っていくためには、問いを構築する力、自分の現状を相対化する力、欲求や感情を言語化する力など、様々なことが必要になります。

「書く理由」を探求するプロセスを通じて、ライティングをしていきたい人の足取りを、より強固なものにしていくサポートを行うことが、「sentenceゼミ」の狙いです。

「sentenceゼミ」とは?

sentenceゼミとは、少人数でライティングについて学ぶ、ゼミ形式の講座です。本講座は全8回、4ヶ月間にわたって開講します。「sentenceゼミ」は次のような方にオススメの講座です。

  • 実践を通じてライティングを学びたい方
  • 自分が書いた文章へのフィードバックを受けたい方
  • 今後のキャリアに悩んでいる方
  • ストーリーを描き、言語化することを通じてやりたいことを明確にしたい方

本講座のテーマは、自身の探求と編集、そして発信です。具体的には、個人の発信したいテーマを言語化し、そのテーマに基づいたブログを開設してもらいます。

自分が立ち上げたブログでの記事執筆の実践を通じて、ライティングの基礎から取材記事の書き方を学び、発信したいテーマを伝える力を養います。

また、個人ブログの立ち上げ・運用と合わせて、「既存のメディアに寄稿する・記事を書く」ワークも行なうことで、より客観的な記事執筆の力も付けていきます。

なによりもこのコースで重視するのは、自身の内面を掘り下げ、言語化すること。ブログでの個人テーマ発信を通じて、「自分は何を発信したいのか」「自分はなぜ『書くこと』を通じて発信したいのか」を考えてもらいます。

sentenceゼミで立ち上げた個人ブログ、執筆した記事は、「個」として活動していく中で、ライティングに仕事として関わっていく中で、ポートフォリオにもなるはずです。

講座スケジュール

第1回〜第3回:「自分の発信したいテーマを考える」
ペアインタビューの実施や、ライフストーリーの作成といったワークを通じて、「自分は何を発信したいのか」「自分はなぜ『書くこと』を通じて発信したいのか」をじっくり考えていきます。

第4回〜第6回:「自分の発信場所をつくる」
発信したいテーマが決まれば、そのテーマに即した個人ブログを立ち上げます。ブログでのコラム執筆、イベント取材、インタビューなどを通じて、ライティングスキルの向上を目指します。ブログの更新目標を設定し、毎講座でその振り返りを行うことで、個人ブログを育てていきます。

第7回〜第8回:「メディア運営プロセスを経験する」
講座の終盤では、sentenceが運営するメディアでレポートやインタビュー記事を書く経験を積んでもらいます。メンターからのフィードバックを受けながら記事をブラッシュアップ。チームでメディアに記事を書く経験を通じて、自身の発信テーマをより明確にしてもらいます。

開催概要

開催日:4/27(木)、5/11(木)、5/25(木)、6/8(木)、6/22(木)、7/6(木)、7/20(木)、8/3(木)(全8回)
時間:19:30~21:30
開催場所:inquireオフィス(東急東横線・東京メトロ中目黒駅より徒歩7分)
授業料:88,000円(※sentenceオンラインコミュニティ4ヶ月分の会費が別途かかります。オンラインコミュニティの会費は社会人は月額2,000円、学生は月額1,000円です)(※授業料の分割払いも可能です)
お申込みURL: https://goo.gl/F0pFgV (こちらのフォームに必要事項を記入してください)
定員:10名
応募締め切り:4/24(月)

過去の「sentenceゼミ」の様子

昨年は「sentence school」という名称で、講座を開講しました。

昨年に開講した「sentenceゼミ(旧名:sentence school)」では、「個人テーマの発信強化」と「チームでのメディア立ち上げと運用」を行いました。講座の様子は下記レポートにまとめてあります。参考にしてみてください。

以下は、受講生の方がsentenceのmediumで書いてくれたレポート記事とインタビュー記事です! 参加者同士でフィードバックを重ねながら、個人のポートフォリオとなるような記事作成も行なっていきます。

また、昨年のゼミを受講した方から、感想コメントも頂きました!

・なぜ「ライターになりたい!」と思ったのか、根本的なところから考える機会を得られます。その上でライティングを学べるので、ただ闇雲に文章を学ぶのではなく、明確な意思を持って成長できるのがsentenceの魅力です。

・「書く」ことについて、基本的な部分から丁寧に教えていただきました。また、学んだことをどう発信していくかまでサポートいただけたおかげで、school後もアウトプットを実践できるようになりました。

・個々人のレベルや書きたいことに合わせてアドバイスを頂けるので、経験や実力がなく不安に思っていた私でも、得るものがたくさんありました。将来ライティングをお仕事にしたい方もそうでない方も、学べることは多いと思います!

・「書きたいことはあるけれど、どうやって書いたらいいかわからない」「ライター志望だけど、1歩の踏み出し方がわからない」といった悩みを抱えている方にとてもオススメの講座です。発信方法/インタビューの注意点など現役ライターが実体験に基づいて講座をし、実践+フィードバックをもらうことができます。しかも少人数なので、質問もしやすい環境です。


お問い合わせはこちら

sentenceゼミに関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお願いします。

sentence@inquire.jp


sentenceとは?

「ライティングを学びたい人に機会と知識、つながりを提供する」をテーマに、オンラインサロン、スクール、勉強会を開催するコミュニティです。

活動の様子やお知らせをFacebookページmediumを通じて情報発信を行っています。ぜひ「いいね!」やフォローをよろしくお願いします!

【sentenceゼミ・申し込みフォーム】
下記URLより移行するフォームに、必要事項をご記入ください。
https://goo.gl/F0pFgV

応募締め切り:4/24(月)

sentence

ライティングスキルの体系化と共有を目指すコミュニティ「sentence」です。文章や編集に関するTipsや、コミュニティの活動記録、イベントのレポートなどを発信していきます。

Kotaro Okada

Written by

1994年生まれの編集者・DJ。『UNLEASH』や『AMP』といったビジネスメディアの編集や、企業の情報発信支援をしています。音楽ビジネス誌『gig』編集長。「未来の文化や社会を伝える」をテーマに、ビジネス・音楽・デザイン・テクノロジーの領域を横断的に発信中。

sentence

sentence

ライティングスキルの体系化と共有を目指すコミュニティ「sentence」です。文章や編集に関するTipsや、コミュニティの活動記録、イベントのレポートなどを発信していきます。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade