shiguredo
Published in

shiguredo

時雨堂 GitHub でリポジトリを Fork する方針

時雨堂では Erlang/OTP 関連の OSS を Fork して運用しています。Fork をするにあたって最低限の方針を雑にまとめてみました。

自社製品で利用する OSS である

当たり前ですが 一応。

OSS のライセンスが明確かどうか

LICENSE ファイルがあり、ライセンスが明確になっていること。さらに OSI 準拠の OSS であることを条件に Fork しています。

Pull-Request は可能な限りだす

Pull-Request を出さずに Fork するのは可能な限り避けています。ただし、 Pull-Request を出しても採用されにくい時雨堂固有の機能の場合は Pull-Request を出さずに Fork することもあります。

Fork する理由

Fork する理由はシンプルで、Pull-Request が採用されるまでの時間がもったいないからです。

Fork の運用

まず Fork したらかならず shiguredo というブランチを切り、デフォルトブランチに設定します。こちらに変更を加えていきます。コミットログは基本的に Fork 元にあわせており、ほとんどが英語になります。

利用する際は必ずタグを打ちます。タグは時雨堂バージョニングを採用します。YYYY.RELEASE.FIX というバージョン形式です。

Erlang/OTP 系のライブラリの場合は hex.pm への登録を行う際に、app.src の pkg で shiguredo_ という prefix をつけます。

実際に運用している Fork

実際に運用しているのは 3 つのリポジトリです。すべて Pull-Request や Issue は立てていますが、まだ対応されていないものがあるため Fork をしています。

Fork を閉じるタイミング

Pull-Request がマージされて、タグがつけられ、リリースされたタイミングで閉じます。

--

--

--

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
V

V

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

More from Medium

Running Kubecost with custom Prometheus in AWS EKS

The Case for Justified Access

Integrating Compliance in SSO Application Build

Run-Time Vulnerability Prevention using Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes