WebRTC で 4K 配信は可能なのか

結論から言うと可能です。

実際に実現した環境は以下のとおりです。

  • BRIO というロジクールの 4K が利用可能なウェブカメラを利用する
  • コーデックは H.264 を利用する
  • ブラウザは Chrome を利用する
  • マシンは MacBook Pro 15 を利用する
  • WebRTC SFU Sora を利用する

H.264 を利用している理由としては、ハードウェアアクセラレーター(HWA) に対応しているかどうかの話です。

VP8/VP9 を利用してみましたが CPU が 400 % を超えてしまい、カクカクな処理になってしまいました。

ありがたいことに macOS であれば H.264 は HWA に Chrome が対応しています。

ビットレートはブラウザの最大値でもある 2.5Mbps で配信されていました。かなりビットレート的には低すぎるのでこの辺は HWA との兼ね合いなのかもしれません。

遅延は無事 1 秒未満でした。

検証は残念ながら 1:2 でしか試せていません。1:5 くらいで配信テストはしてみたいですね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.