WebRTC Singaling Server Ayame as a Service (仮)を公開しました

V
V
Jul 13 · 2 min read

時雨堂では WebRTC を P2P として利用する際のシグナリングサーバをオープンソースで公開しています。

WebRTC Signaling Server Ayame

独自仕様ではなく AppRTC という webrtc.org が公開しているサンプルとほぼ互換です。認証機能をつけるために一部拡張はしています。

ただ、より簡単に利用してもらいたいという考えから、無料で利用できるサービスも提供を公開しました。

シグナリングサーバ URL の公開

まずはシンプルにシグナリングサーバの URL だけを提供しています。

wss://ayame.shiguredo.jp/ws

こちらのシグナリングサーバを利用してもらえれば、Ayame を起動する必要がなくなります。もちろん自前で立てたい場合は Ayame を立てられます。

まだサービス名は仮ですが詳細は以下の資料で公開してます。

WebRTC Signaling Server Ayame as a Service (仮)

今後

認証やウェブフックの指定などを可能にする予定です。残念ながら運用保証はできませんが、できるだけ落ちないようにしていく予定です。

Ayame は WebRTC Native Client Momo でも利用可能ですので、是非 Ayame と Momo の組み合わせで遊んでみてください。

shiguredo

時雨堂ノハナシ

V

Written by

V

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC

shiguredo

shiguredo

時雨堂ノハナシ

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade