オーダーメイドスーツをつくる

私たちがご提案するのは、ただのスーツではありません。

目的と目標を明確にし、ご自分が「こうありたい」と思う姿を外見に表現した今までにない戦略としての装いです。

男の戦闘服とも言えるスーツを武器にして、仕事やプライベートでの成功をつかみましょう。国際イメージコンサルタントの視点から客観的に、そして真摯にアドバイスさせていただきます。

初めにお断りさせていただきたいのですが、仕事やプライベートでの結果に直結するスーツですので、事前のコンサルティングなしでのオーダーは承っておりません。単に服を買うのではなく、ご自分に向き合う時間でもあり、その過程で多くの発見をしていただきたいと願っています。

実際に体験されたお客様からも「スーツを作る過程が楽しかった」「自分の印象を客観視できて新たな発見があった」「また作りたい」とのお声をいただいています。

それでは、スーツのオーダーメイドの流れについてご説明します。

1)事前にヒアリングシートにご記入いただきます。

2)コンサルティングの日程を設定します。

3)コンサルティングで事前ヒアリングシートをもとに、お客様の現状把握と将来の目標等、詳しくお話をお伺いします。

コンサルティング風景

4)パーソナルカラー診断を行います。

人は生まれ持った肌、髪、瞳、唇の色などによって似合う色合いが異なります。ご自分の持っている色素と調和する色を身につけると、その人本来の魅力が引き出され、顔色も良く見えて印象もグッと良くなります。そのような色調をパーソナルカラーと言います。パーソナルカラーを知ることで、お買物の際ご自分に似合う色調を選ぶことができ、買物の失敗がなくなります。ほぼ一生使える貴重な知識です。

色評価用専門のライティングでカラー診断をします
12種類のカラーパレットから調和するパレットを診断します

※ご希望の方には、自分の似合う色合いが一目でわかるカラーハンドブックをご用意しています。上の写真のボードのカラーがハンドブックにまとまっています。持ち運びできるので、普段のお買い物にも大活躍です。

5)ボディライン診断:ご自分の体型を知ることで、似合う服の形やバランスよく見える着こなしを知ることができ、服を選ぶ際の参考にすることができます。

6)スタイルアドバイス:パーソナルカラー診断とボディライン診断の結果、ご本人のキャラクター(性格)、目標などを総合的に分析し、お客様にあったスタイルのアドバイスを行います。ここではスーツだけでなく、プライベートでの装い、小物使い、ヘアスタイルなどについてもお話します。

7)スーツのための採寸を行います。

採寸

8)サンプルをご試着いただき、調整箇所を決めていきます。

サンプル試着

9)生地選びとスタイル決め。カスタマイズのご要望もお伺いします。(様々なオプションもご用意しています。)

カラー診断の結果を参考にしながら生地を選びます
生地はイギリスとイタリアのものが中心です
オプションで本開きにすることもできます

10)国内の提携工場にて制作に入ります(所要時間:約1ヶ月)

11)完成したスーツのフィッティングを行います。必要があれば調整します。問題なければスーツをお渡しします。

フィッティングはお楽しみの瞬間です!
サイズは胸があっているかが重要なポイントです
肩や背中のラインもきれいです
パンツの裾はお好みでダブル、シングル、モーニングから選べます

スーツに合わせて、ドレスシャツもお仕立てしました。

今回のお客様は「仕事のプレゼンで着る勝負スーツ」をご希望でしたので、「信頼感」「説得力」「クラス感」をテーマにしました。その方の年齢や役職に加え、今後の夢や目標など一歩先を見据えた装いをすることで、いつの間にか実現している現実に驚くはずです。

いかがでしたか?

「オーダースーツを作ってみたい」と思われた方、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらのフォームから↓

Like what you read? Give Yoko Ishikawa a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.