司法試験受験生のための派遣・アルバイト

はじめに

本サイトを運営する株式会社More-Selectionsは、2007年の創業以来、一貫して司法試験・予備試験経験者の就職支援に特化した事業を展開するベンチャー企業です。主に「法務」の求人を中心に、30才を過ぎていても、職歴がなくても応募出来る求人のご紹介を行っています。これまで、のべ数千人の司法試験・予備試験経験者の就職を支援する中で、

「本当は受験を続けたいけど、金銭上の問題から就職する」
「不合格時に高年齢の職歴なしではリスクが大すぎるから諦めて就職する」

という声をたくさん耳にして来ました。未来への不安なく、思いっきり司法試験に挑むための仕組みを作ることは当社の使命だと考えています。そこで、当社は、

  • 司法試験・予備試験経験者の法的素養が生かせる
  • 企業への就職活動時に強いアピールとなる
  • それなりの高時給がもらえる

これら3点の条件を満たす、派遣・アルバイトの求人の獲得に力を入れることにしました。司法試験・予備試験の受験継続のために、ぜひ、本サイトを上手にご活用ください。

派遣・アルバイト情報

当社では、司法試験・予備試験受験生を対象として、法務の派遣を中心に、その法的素養が生かせる派遣・アルバイト求人をご紹介しています。クリックして、求人概要をご覧ください。

■法務派遣
企業内での法務業務を担当いただきます。契約書の修正や作成などの契約法務、社内法律相談などがメイン業務となります。時給は1500円超、週5日勤務、契約期間は3ヶ月ごとの更新というのが、一般的な条件になります。

■ディスカバリー派遣
アメリカのEディスカバリー法に基づく証拠仕分け業務を担当いただきます。英語と法的素養を使用する業務で、司法試験・予備試験経験者に人気です。時給は1500円超、週5日勤務、契約期間は訴訟案件が終わるまで(不定期)というのが、一般的な条件になります。

■法務アルバイト
企業内での法務業務を担当いただきます。法務派遣に比べると、ややアシスタント的な業務が増えて来ます。時給は1000円前後、週3日から勤務、契約期間は特に定めずというのが、一般的な条件になります。

就業開始までの流れ

まずは、司法試験ナビに会員登録いただきます。その後に、当社から面談日程の連絡がありますので、日程調整の後、当社スタッフと面談を行います。その場で、求人に対するご要望を伺い、面談後にご要望とご条件にマッチする求人を不定期にご紹介します。求人への応募の意思がありましたら、当社所定の応募書類をご提出いただき、書類が通れば、企業との顔合わせ面談になります。そこで入社を認められると、晴れて就業開始という運びとなります。

ご利用された司法試験・予備試験受験生の声

東京都O様(29才)
予備試験を受けてますが、予備校代などもバカにならないため、まずは勉強するための資金を貯めようということで、ディスカバリー(米国訴訟におけるEメール証拠資料の仕分け業務)の派遣に行きました。週5日勤務で3ヵ月間働き、70万円くらいは稼げたと思います。お金の心配なく勉強に集中できるようになるのは大きいですね。

千葉県T様(31才)
お金を稼ぎたかったのと、受験撤退後も見越して、こちらで法務の派遣に申し込みました。全部で6ヶ月やり、最終的に予備試験に合格出来ずに受験撤退しましたが、その後の就職活動では、法務の派遣経験を高く評価していただき、東証一部上場企業の法務部に内定をもらえました。法務の派遣の経験は、予備試験受験生にとって心強い保険になると思います。

大阪府I様(25才)
実家暮らしですが、参考書代やお小遣いくらいは自分で稼ごうと考え、法務のバイトをやってみることにしました。週3日シフトに入ってますが、法律を実務で使う経験をする中で、民法や会社法の事例が前よりも具体的に思い描けるようになっている気がします。また、仕事で培ったスピード感は、勉強にも良い影響を与えていると感じています。

東京都G様(34才)
法務の派遣をやりながら、今年の予備試験に合格しました。残業がほとんどないので、毎日5時間くらいは勉強出来ますし、時間が限られている分、前よりもメリハリをきかせて勉強が出来ている気がします。年齢的に合格しても事務所の就職は難しそうですが、企業法務の面白さを日々痛感しているので、合格後はインハウスを目指そうと考えています。

派遣・アルバイト求人へのご応募には会員登録が必要となります。

↓↓↓↓↓↓↓

無料会員登録

明確に「有料」である旨を事前にお伝えしたサービスを除き、会員登録や求人紹介その他の場面で料金が発生することはありません。
※当社の個人情報保護方針に同意いただいたうえでお申込ください。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.