Skebの決済でコンビニ払い・銀行払いを利用する方法

いつもSkebをご利用いただきありがとうございます。
Skebでは料金の決済手段として、現在VISAとMastercardだけが対応しています。その他の決済手段は、返金手段が用意されていないこと、導入費用や維持費用が上記2つに比べてかなり高額であることから導入を見合わせています。

クレジットカードやデビットカードをお持ちでないクライアントの方もいらっしゃることから、今回無料のスマホウォレットアプリ「Kyash」を用いて、コンビニ払いや銀行払いを行う方法についてご紹介させていただきます。

なお、こちらの記事は2018年12月30日現在のものであり、SkebとSkebが使用している決済システム、Kyashの仕様変更により今後利用できなくなる可能性があります。この記事は運営会社が動作を保証するものではありません。

Kyashとは、無料でVISAのプリペイドカードを発行することができるウォレットアプリです。iOSとAndroidから利用可能です。
クレジットカードのような本人確認や審査はありません。
即座にクレジットカードとして利用できる番号が発行されます。
チャージする方法も豊富に用意されており、コンビニやセブン銀行ATM、銀行(ペイジー)、クレジットカード等からチャージすることができます。

Kyashの特徴的な点として、利用金額の2%が後日キャッシュバックされます。例えば、Skebで10,000円を決済した場合、2%にあたる200円が後日Kyashの残高に追加されます。

Kyashによってコンビニ払い等が利用可能になる他、1月1日から始まるSkebのコミッション体験キャンペーン期間中であれば、クライアントの方がお支払いする手数料は13.6%から実質1.6%となり、かなりお得な手数料でSkebをご利用いただけます!

各チャージの方法は下記をご覧ください。
コンビニチャージ
セブン銀行ATMチャージ
銀行(ペイジー)チャージ
※ SkebにKyash発行のカードを登録するには、事前にチャージが必要です。残高が0円の状態では登録に失敗します。ご注意ください。

現在Skebではご要望の多かったPayPal決済の導入を進めています。
クライアントの方がリクエストを送信する際に、通常のカード決済とPayPal決済のどちらかを選ぶ方式になる見込みです。
PayPal決済利用時の手数料は14.1%+40円となる予定です。PayPal社の都合により、NSFWのリクエストではご利用いただくことができません。
ご提供時期が近づきましたら改めてお知らせいたします。

今後ともSkebをよろしくお願いいたします!