CRYPTONOMICS TOKYO 2018にて登壇しました

SKILL CEOの水谷です。

昨日6月30日、CRYPTONOMICS TOKYO 2018に参加しSKILLCOINについて登壇してまいりました。有料イベントということもあり会場には非常に熱量の高い方が多数お越しになっており、皆真剣な眼差しで各スピーカーの話を聞いていらっしゃいました。

イベントを通して繰り返し語られたキーワードが「トークンエコノミー」であり、投機的な仮想通貨の話ではなくこれからの未来にブロックチェーン技術がどの様に活用されていくかの議論が活発に行われていました。

業界をリードする会社の代表、取引所の運営に関わる方、法務に携わる方、実際にトークンを活用したサービスを提供する方など、クリプト業界のキーマンとなる方々の講演内容は、今後到来するトークンエコノミー時代の可能性に関する話題が中心で、中でも印象的だったのがオープニングセッションにおいて日本仮想通貨事業者協会の顧問弁護士であるアンダーソン・毛利・友常法律事務所の河合弁護士や、株式会社マネーパートナーズの西村氏による会話の中で、トークンを活用して新たな価値を生み出すことを目標としているベンチャー企業を積極的に支援をしていく意向であり、その取り組みを促進するための法整備についても働きかけていくという話があり、我々SKILLCOINプロジェクトが進む未来においても道が拓けていることを確信することができました。

また、登壇者控室での登壇者同士のコミュニケーションやイベント終了後のVIPパーティーでもクリプト業界に関する展望や期待など熱い議論が交わされ、業界をリードしていく方々の交流、またそれぞれの思いを発信する場として非常に有意義で価値あるカンファレンスであったと感じています。

メディアも10社以上入っていたと伺っていますので今後の各種媒体でのレポートも楽しみです。

http://cryptonomics.techwave.jp/