多様性ある社会づくりに興味のある方へ・6/27(火)「soar 活動説明会」開催

2017年にNPO法人化したsoar。「人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく」ウェブメディアに留まらず、これから様々な活動を展開していこうとしています。

現在、日頃のsoarの活動や、今後目指していきたい未来について知ることができる活動説明会を定期的に開催しています。

以前開催した説明会の様子です。代表・工藤によるトークの他、参加者の皆さまと共にワークショップも行いました。

説明会は、平日夜の時間帯に開催!学校や会社帰りに、気軽にお立ち寄り頂くことが可能です。

今年の冬からスタートし、多くの方にお申込みいただいている「soarサポーター」制度についても、たっぷりとお伝えします。

皆さまのご参加をお待ちしています。

===============================【soar 活動説明会】
soarが目指す未来や普段のsoarの活動についてお話する、活動説明会を行います!

当日は、代表の工藤が、soarが生まれるまでのストーリーやこれまでの活動内容についてお話しさせていただきます。そして参加者のみなさまと、多様性が認められる社会のために私たちができることについてディスカッションをしたいと思います。

ウェブメディア「soar」や、 企業とのダイバーシティに関するプロジェクトや教育機関での授業、「soarサポーター制度」など、もっとsoarのことを知っていただき、ご自身の興味や活動に生かす機会にして頂ければ嬉しいです。

ぜひお気軽にご参加ください。soarスタッフがお待ちしております!

〇こんな方におすすめです
・多様性のある社会づくりに関心のある方
・社会的マイノリティへのサポートに関心のある方
・soarに共感してくださる方
・soarサポーターへの応募を考えていらっしゃる方

<日時>
2017年6月27日(火)19:00–20:30(開場18:45)

<会場>
中目黒駅付近(場所は参加申し込みをして頂いた方のみ、前日までに個別でお知らせさせて頂く予定です。)
 ・会場は3階になりますが、エレベーターがなく階段のみとなります。もしサポートが必要な場合にはスタッフがお手伝いさせていただきますので、問い合わせアドレスにご連絡ください。
・視覚、聴覚障害のある方は、スタッフがサポートします。問い合わせアドレスにご連絡ください。
・保育のサポートはありませんが、お子さん連れの方も大歓迎です。
お問い合わせ:office@soar-world.com

<参加費>
無料

<定員>
8名

<お申し込み>
下記お申込フォームよりお申し込みください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeFDfc81bfLpjJ6D_et_gVnh-gBC9Rv3V7xMUw-paExybScwQ/viewform?usp=sf_link
※Facebookのイベントページへの参加表明だけではお申し込みは完了しません。必ず上記フォームよりお申し込みをお願い致します。

<タイムスケジュール>
19:00–19:15 イントロダクション
19:15–20:00 soar代表・工藤瑞穂による講演
20:00–20:20 参加者同士のディスカッション
20:20–20:30 soarサポーターの説明、クロージング

※こちらの説明会は、毎月1回開催しています。「今回は予定が合わなくて参加が難しい…」という方でも、「 soar 」のFacebookページに「いいね!」することで、次回の説明会情報を受け取ることができます!
soar公式Facebookページ https://www.facebook.com/soarworld2015/

<登壇者プロフィール>
工藤瑞穂
NPO法人soar 代表理事・「soar」編集長/「HaTiDORi」代表

1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。Webメディア「マチノコト」ライター。 仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。イベント開催、リサーチプロジェクトなど様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指している。
http://soar-world.com/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.