ストレス営業を考える

あなたは今、営業活動にストレスを感じてないでしょうか?

新規開拓で飛び込み活動をしてみたものの、
白い目で見られ、話すら聞いてもらえない。

先輩から
話法をしっかり教え込まれているはずなのに
お客の前では、言葉すら出てこない。

帰社すれば、
上司にののしられ、プレッシャーは増えるばかり。

減るのは、貯金と髪の毛ぐらいのものです。

入社前はあなたの力が必要です、
あなたがいないと困るんです、 
と言われたはずなのに・・・

もてはやされ、
天にも昇るような気分で入社したはずなのに・・・
あの時の夢やロマンは、どこへやら?

段々会社に行くのも嫌になり、
交わす言葉はトゲだらけ。

暖かいのは、家も会社もトイレの便座だけです。

世の中はそんなにうまくいくもんじゃあない。

お客様には、全否定されてるようで、
自分の人生ってなんなのだろう?
自分には何が向いているのだろうか?

見込があるうちは、
そんなに苦労だとは思わなかった

でも、
できもしない上司から、あれやって来い、これやって来いと
言われたら、たまったものじゃない。

あなたの出世、評価のために、
働いているんじゃありません!

もうやめてしまいたいと思いながら、
しぶしぶ働いている営業マンがどれだけ多い事か。

やめたい気持ちが半分、
もう少し頑張りたい気持ちが半分。

やめたところで、その下取りのきかない履歴書。

自分には何ができるのだろうか?
なんとかいい方法はないのだろうか?


ちょっと待ってください!

会社のおかげで、給料がもらえているのです。
お客様のおかげで、生活ができているのです。

世の中は持ちつ持たれつです。
何かのご縁じゃありませんか?

振り返れば、
会社に入社しようとしたあの日、あの時。

お客様と出会ったあの瞬間!

心がときめいたものです。

入社時は、命がけでした。


時には、心のケアも大切です。
それには、ストレスが大いに関係してきます。
 
ストレスには、2種類あると言われています。
その2種類のストレスを
ケアすることが大切となってきます。

その2種類とは、
 
不快ストレス
文字通りのストレスで、肉体に悪影響を与えます。
 
快ストレス
私たちの才能や情熱を引き出す
意義深い目標やプロジェクトなどによる
刺激や適度なプレッシャーから生まれるストレス。
 
 
この2種類のストレスを
適度にコントロールしていくことが大事になります。

全くストレスを感じない日常も
退屈極まりないものです。

今日も、適度なストレスを感じながら、
この激動の時代を生き抜いていこうではありませんか!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.