Spectee、人工知能を活用して自動的にニュース記事を作成する「AI記者」の技術を開発

2017年5月8日

株式会社Spectee(本社:東京都新宿区、代表取締役 村上建治郎 以下、当社)は、ディープラーニング(人工知能技術)を活用して、SNSから事件・事故・火災・自然災害等の情報をもとに自動的にニュース記事を作成する技術に関して、2つの関連特許を申請し、特許庁より受理されましたので報告します。

当社では、事件・事故・災害等の情報をSNSをベースに早期に覚知し報道機関向けに配信するサービス『Spectee』を展開しており、現在全国で約100社の報道機関に採用されています。

当社は、当社のミッションである「いま、この瞬間に世界中で起きていることを現場からリアルタイムに伝える」ことを実現するために、これまでも人工知能(AI)に関連する技術について複数の特許を取得してまいりました。(*1)

今回の申請技術は、SNSの投稿をベースに自然言語解析を行い、その事件が「いつ」「どこで」「何が」そして「どの程度の規模か」を自動的に判別し、1本のニュース記事を自動でまとめるものです。当社の実験では、平均的に4〜5件のSNSの投稿があれば、300字程度のストレートニュース記事を作成可能となっています。通常、都市部で事件や事故が発生すると、二桁を超える数の投稿が集まるため、十分に正確な記事となります。

<本件に関するお問い合わせ> https://www.spectee.co.jp/