Mac ユーザーがパワポ (Office for Mac 2011) の資料作成でイラつくときに

事業計画を作成する際には PowerPoint や Keynote を使っている人が多いかと思います。社員や関係者が Mac ユーザーだけであれば Keynote を使えばいいのですが、Mac と Windows が混在している環境だと PowerPoint のファイルの方が何かと共有には便利なため、PowerPoint を使っている、という Mac ユーザーもいるのではないでしょうか。

ただ Office for Mac 2011 が少し使いづらい部分がある(でもスマートアートなどは Keynote より使い易くて両方使いわける)、という話はよく聞いていて、前職が Microsoft だったせいかその辺りのご相談を先日受けました。

解決策

個人的には、現段階であれば Mac ユーザーは Office for Mac 2016 のプレビュー版の利用をお勧めします。ベータ版という割には安定していますし、機能についても Windows 版の PowerPoint 2013 と遜色のない出来となっています(デフォルトのフォントのカスタマイズなどができないなどはあるのですが)。

プレビュー版は製品版リリースまでは無償で使えます。以下からダウンロードして使うことが可能です。

製品リリース後は有償になりますが、2 台の PC/Mac までインストール可能な Office 365 Solo などの製品も出ているので、うまく活用してください。

また事業計画の構成要素などは以下を参照してください。

皆さんの生産性が少しでも向上すれば幸いです。

Like what you read? Give Taka Umada a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.