Day107

子供のころの話。

いつも図鑑を眺めていた。いつも祖父の畑で虫やトカゲなどを探していた。たまに畑の前の川で釣りをしたり、祖父と山にタケノコを掘りに行ったりしていた。

今も祖父は野菜を育てている。本職は農家ではなく左官職人だ。

いつも祖父と一緒だった。

畑に行ったり、建築途中の現場に行ったり、祖父と過ごした時間があるから今の考え方、モノの捉え方、感じ方がある。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.