Suncontract

81

Stories

8

Writers

スロベニア — 持続可能なデジタルトランスフォーメーションのトレンドセッター

2019年に、スロベニアでは再生可能エネルギーが発電電力量の32.6%を供給しました[1]。再生可能エネルギーの大部分は水力発電によるものです。太陽光発電による発電量は2%程度にとどまり、風力発電はほとんどありません。スロベニアでは近年、太陽光発電ブームが起きています。PV部品の価格低下、政府による支援政策の進展、行政障壁の軽減などにより、2019年にはPVシステム設置率が前年比233%で増加しています[2]。 スロベニア政府は、サステナビリティ政策とデジタル化を組み合わせ、この分野の先駆者としての役割を担おうと意気込んでいます。そこで、スロベニアは次のような野心的なスローガンを発表しました: “スロベニア、デジタルヨーロッパにおける緑の参照国” スロベニア政府は、革新的な起業家や環境の専門家と協力して、国レベルでの体系的なソリューションを構築することを目指しています。政府は、人口わずか200万人の小さな国であることを活かし、より大きな国での試行が困難なデジタルとグリーンの未来に向けた進歩的なステップを推進しています。また、同国は、将来的には他の国でも実行可能な優れた実践例を提供したいと考えています[3]。

スロベニア — 持続可能なデジタルトランスフォーメーションのトレンドセッター
スロベニア — 持続可能なデジタルトランスフォーメーションのトレンドセッター