Will for Foreigners

A part of Will is not acceptable!(遺言書の内容を分かるように説明して欲しい)

A will and succession are the one of concern of a couple had an international marriage when their 60th birthday is approaching.

国際結婚されたご夫婦が、還暦を迎える頃になると気になることの一つが、遺言・相続です。

Especially, when a foreign spouse is a dependent and the partner is died before, they say she/he is so worried about the future life.

特に外国人の配偶者で扶養されている場合には、一人取り残されたら、日本で生活していけるのかどうかものすごく不安だという言葉を耳にします。

Therefore, the testament considers to make his will and cut up for the family and while he is cheerful.

そこで、まだ元気なうちに遺言書をきちんと書いて、亡くなったときには財産が残された配偶者とその子供たちに残るようにしておけばいいのではないかと考えます。

However, as far as the testament starts to explain the draft of the will for the foreign spouse, the spouse has a row with the testament because of misunderstanding.

ところが、いざ遺言書の文案が出来上がって、遺言者から内容の説明を受けると、何故そういう内容にしたのか理解できなくて、喧嘩になってしまうことがあります。

There is nothing against the foreign spouse in the will, but it cannot help what the will is not acceptable.

外国人の配偶者にとって不利になるようなことは一切書かれていないのですが、理解できないのですからしかたがありません。

On the other hand, the will should not be fundamentally seen and informed the existence to the successors, but the testament shows the draft of the will to the spouse because the testament wants the spouse to understand how the testament appreciates the spouse’s help even if the spouse leads an inexperienced life in Japan.

一方、遺言者においては、本来、遺言書は、相続人に見せるものでなく、本人が密かに作成してしかるべきものですが、やはり外国から自分を頼って慣れない日本で生活しているわけですから、内容を事前に知らせて、納得してもらいたいと思うものです。

However, it’s not too easy for the testament to make the spouse understood even if the testament try to explain the legal matters very hard because the testament is not familiar with the law.

しかしながら、遺言者が外国人の配偶者に対して法的な内容を説明しても、なかなか正確に伝えるのは難しく、また、どこまで信用してもらえるのか、という疑問も残ります。

Therefore, we provides the service which makes the customized specification in English and Japanese and explains it to the spouse instead of the testament if misunderstandings happened between the testament and the foreign spouse.

そこで、当事務所では、このように遺言者と推定相続人との間で誤解が生じた場合、英文・和文での説明資料の作成及び説明を遺言者に代わって行うサービスを提供しています。

What is the cause of misunderstanding? (誤解の原因は、何か?)

The legal system of will and succession is different each country and the thought for them is also different.

遺言・相続の法的制度は、国によって異なりますし、遺言・相続に対する考え方も同様です。

For example, Japan has a succession tax, but there are also no successiontax countries like Sweden, Australia, New Zealand and Hong Kong

例えば、日本では相続税がありますが、スウェーデンやオーストラリア、ニュージーランド、香港のように存在しない国もあります。

In short, even if there is a large amount of inheritance, the successor is not necessary to consider the tax economy and to be worried about the secondary inheritance tax because of no succession tax, so that it shall be fundamentally varied how to divide the inherited property.

相続税がないということは、遺産が多額に上った場合でも節税を考慮したり、二次相続の心配をする必要がないわけですので、遺産分割の考え方が根本的に変わってしまうことにもなりかねません。

Therefore, the foreigner from such countries with no succession tax cannot understand the methodology of the division of the inheritanceproperty,easily.

その結果、相続税の無い外国人にとって、何故このような遺産分割をするのか理解に苦しむことになるわけです。

And then, if the rule to define legal heirs is also different, the scope of the legal heirs written in the will is naturally varied.

また、相続人についても考え方が違いますので、当然遺言書に記載する推定相続人の対象も異なってきます。

We explain the differences of the legal rules, methodologies and etc. between japan and other countries, hearing from a foreign spouse.

そういう違いを、外国人の配偶者の話を聞きながら、日本の法的制度と比較して、分かりやすく、納得して頂けるように当事務所で説明いたします。

付加的な説明(additional explanation)

We explain the merit of the will and the demerit in the case of no will in Japan with typical examples, referring to the Japan civil codes in Japanese and English.

誤解の原因を取り除き、ご納得いただくのが一番の目的ですが、遺言書作成のメリット及び遺言書がない場合のデメリットについて、法律の条文を参照しながら、代表的なものをピックアップしてご説明します。
Finally, the foreign spouse can think the will, positively.

これにより、遺言書作成をもっと前向きにとらえることができるようになるでしょう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.