FUKUOKA OPEN TOP BUSに乗って来ました

うちの母親から期限が差し迫ったFUKUOKA OPEN TOP BUSのチケットをもらったので今日乗ってきました。
これが福岡市役所の前に停車したFUKUOKA OPEN TOP BUSです。既製のバスの改造ではなく、トラックの車体から作ったバス車両です。そう言われると確かにトラックっぽい。

出発直前の様子です。バスアナ(バスアナウンサー)という方が、着席状況を確認して発車します。今日は土曜日の夜だけあってほぼ満席ですね。

このバスは、昼間の「シーサイドももち」、「博多街なか」の60分コース、夜の「福岡きらめき夜景」の90分コースの3コースからなっており、どちらも大人1540円です。今回は夜の「福岡きらめき夜景」にしてみました。この日はあいにくの雨でしたので、配布されたレインコートを着用しています。

福岡市役所を出発して、中洲方面に向かいます。信号や標識がすごく近いのがわかります。もしかしたら手を伸ばしたら触れられそう…。

路線バスを上から見下ろすなんてなかなかない機会ですね。

そして、明治通りから大博通りに入って博多駅に向かいます。

そして、市内中心部を抜けて都市高速に入ります。荒津大橋を渡るところは結構な迫力でしたが、雨のせいで映像になりませんでした。ヤフオクドーム、ヒルトンホテルシーホークが見えてきます。

百道ランプで下車して福岡タワーの近くのTNC放送会館に停車。

それからまた天神に戻ってきます。天神の大丸前です、やっぱり道路標識が近いし、大きいのを感じます。

博多大丸の横を通って市役所に戻ってきました。

今回は、あいにくの雨のため、ちょっと残念でしたが、よそから友人が遊びに来た時に福岡市内を巡るのに良いですね。福岡に来られた際にはぜひ乗ってみるといいですよ(福岡市役所から乗車する場合には予約ができます)。福岡市内に住んでいる人も、いつもとは違った感じで巡ることができますよ。今度はクリスマスイルミネーションの時期に乗ってみたいですね。