2017年のトップ20のエコシステム

写真提供: rakchai / 123RF

2017年版スタートアップ・エコシステムのランキングレポートができており、世界のトップ20スタートアップ・エコシステムの最新のリストを少し挙げている。

このレポートは「スタートアップの成功率を高めてこの世界に革命を広めることで、すべての都市が雇用創出と経済成長を通じて新たな経済へ参画し、そこから利益を得る」ことを使命とする、米国を拠点とするスタートアップ・ゲノムプロジェクトという組織によって作成されている。

このリストに掲載されているエコシステムは2015年のレポートから大きくは変わらず、シリコンバレーは未だトップを維持しており、ニューヨークは2位となっている。これまで北京と上海はデータ不足のために掲載されていなかったが、今回から登場したこの2つのエコシステムがその地位を揺さぶることになるだろう。

スタートアップ・ゲノムのトップ20のうち、アジアは4箇所入っている。前回この地域はシンガポールとバンガロールのみであった。しかし結果として、シンガポールはトップ10から12位に落ち、バンガロールは(以前15位だったが)20位まで下がった。

しかし、それは単に中国のエコシステムが加わったからではない。スタートアップ・ゲノムが各エコシステムをどのように測定してランク付けしたかをよりよく理解するためにレポート作りの過程を説明しよう。

See: Report: Singapore is the 10th best startup ecosystem in the world, but it lacks talent

高得点者は誰だ?!

中国のエコシステムは、パフォーマンスと資金調達面で高く評価されていた。パフォーマンスの測定基準として、スタートアップ全体の評価、エグジット、早期および成長段階の成功を測定する。資金調達は、投資や投資家へのアクセスを容易にする。その点で、シンガポールとバンガロールが非常に低いスコアなのに対し、北京と上海では最高得点を挙げていた。

北京は、他の市場にリーチできるかを把握するのにあまり適していない。これはおそらく、中国の内向きな考え方と結びついているだろう。上海がより国際的なおかげか、市場リーチの面ではシンガポールとほぼ同位だ。バンガロールでも国境を越えた大きな取引を期待できない。

人材については、確保のしやすさやコスト、品質を調べている。興味深いことに2015年のレポートでは、シリコンバレーを上回ってシンガポールが唯一トップクラスのスコアを獲得した。かつての人材不足の問題を解決したということなのだろうか。政府が高い能力を持つ技能者のための補助金を倍増させ、多国籍企業が開発拠点を設立する関心を高めたことで、おそらくより楽観的な見通しにはなっただろう。北京や上海では標準的であるが、バンガロールでは少し不安が残る。

最後にこのレポートでは、スタートアップの経験として、チームの経験とエコシステムの経験に分解している。前者は、ユニコーンレベルのスタートアップ(企業価値が1,000億円以上の企業)や株式を保有しているアドバイザー、全従業員にオプションを提供するスタートアップにおいて経験のある創業者を含んでいる。要は、インセンティブによりモチベーションを上げ、どう目標を達成するか知っている創業者や、強いスタートアップカルチャーを持っている従業員ということである。後者は、過去10年間に50億円以上のエグジットの数で測定される。

これらの基準に照らして測定されると、シンガポールのパフォーマンスはひどく落ち込み、トップ20の中で最低点を記録している。バンガロールは平均的なスコアの上海比べると2番目に悪いパフォーマンスだ。北京はリストの中で、シリコンバレーに並ぶたった1つのトップパフォーマーだ。

See: Bangalore’s now the 2nd best funded startup hub in the world, outside the US

トップ20都市

スタートアップ・ゲノムによる、世界トップ20スタートアップエコシステムのリスト:

  1. シリコンバレー
  2. ニューヨーク
  3. ロンドン (前回6位 ↑)
  4. 北京(新規)
  5. ボストン (前回4位 ↓)
  6. テルアビブ (前回5位 ↓)
  7. ベルリン (前回9位 ↑)
  8. 上海 (新規)
  9. ロサンゼルス (前回3位 ↓)
  10. シアトル(前回8位 ↓)
  11. パリ
  12. シンガポール (前回10位 ↓)
  13. オースティン (前回14位 ↑)
  14. ストックホルム (新規)
  15. バンクーバー (前回18位 ↑)
  16. トロント (前回8位 ↑)
  17. シドニー (前回16位 ↓)
  18. シカゴ (前回17位 ↓)
  19. アムステルダム
  20. バンガロール (前回15位 ↓)

【原文】

翻訳者:小野 紗和子

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Tech in Asia JP’s story.