Glints CEOが明かす根強いスタートアップ・カルチャーの作り方3選

会社をはじめて創業した人は、スタートアップカルチャーを作り出すのに苦労しています。簡単なことではありませんが、成功に必要な環境を作り、成長・拡大しながら会社の道を切り拓くためには、初日から正しい文化を構築することが不可欠です。

私は最近、GlintsのCEO、Oswald Yeo氏に、創業者としての彼の意見を共有し、強力なスタートアップ文化を構築するよう頼みました。このインタビューでOswald氏は、3つの大事なヒントを教えてくれました。しかし、Glintsの文化についてより深く切り込んだアドバイスを得るために5月18日のStartup 101 stageで彼の話を聞きに行きましょう!

Glints社の社内文化を教えてください、またその中で何が一番気に入ってますか?

「Glintsの使命は、若いプロたちが自分の好きなキャリアを見つけ出し、組織が自分自身の目標を達成する情熱的な人材を雇う支援をすることです。私がGlintsについて最も愛しているのは、その使命主義で容赦ない文化です!我々は、やることはやり、過程は楽しみます。

「私たちはただ遊んでいるだけではありません。勝つためにプレーしているのです。だから、楽しく笑えることがたくさんあったとしても、たくさん働きもします。仕事時間は柔軟ですが、間違いなく9時(出社)5時(退社)の仕事ではありません。素晴らしいものを作ることは決して容易ではないので、確固たる決意を持った人だけが生き残ります。必要なことを自主的にしなければなりません。

我々は若いチームです。若くてハングリー精神があり、そしておそらく愚かです。とても危険かもしれません!我々には驚くほど経験豊富な投資家と顧問のチームがいます。資金だけでなく我々の指導もしてくれ、導いてくれます。」

スタートアップ文化の大切さについて教えてください

「文化は、成し遂げる結果を形作るため、スタートアップがどれほどの成功とインパクトを与えるかを形作ります。

好きなことをし、愛する人々と一緒にいる時が力強く、最高の仕事をすると信じています。素敵な文化を持つことで、最高の才能を魅了し、維持し、動機づけ、会社を成長させることができます。

それに、仕事はあなたの人生の大半を占めています。恐ろしいチームカルチャーを作り、悲惨なものにする必要はないですよね。」

Glintsのカルチャーマスコットとして映画のキャラクターを選ぶことができたら、それは誰ですか。

「たぶん、もっと映画を観る必要があるかもしれません。何も考えることができません!

真剣に考え、ググってもみたのですが、何もヒットしなかったです。なので決めるつもりはありません。誠実さも私たちの文化の一部です!」

いいなと思う文化を持つ特定の会社はありますか?

「Zapposです。私は数年前にベガスで彼らのオフィス行って、会社の隅々にまで企業の文化が浸透していることを知り、本当に感動しました。彼らの文化はとても強く、Zapposの文化や歴史を分析する専門の歴史家さえいます!それだけ真剣に彼らは文化を扱っているのです。」

いい企業文化をつくろうとしているスタートアップに3つのヒントを与えるとしたら何ですか?そして、Tech in Asia Singapore 2017でのご講演で何を楽しみにしましょうか?

「1.意識的にあなたの文化を定義して下さい。文化は確実にあるので、それが何であるかを定義することもできます。

2.庭を常に剪定して下さい。文化にふさわしくない人がいる場合は、彼らに去ってもらうという厳しい選択を敢えてして下さい。

3.今を生き、常に文化を具現化して下さい。

文化の他にも、Glints文化博物館から掘り出した秘密の物語をお楽しみに!」

Glintsのような良い文化のための基盤をどのように構築できるかを知りたいですか?では、Tech in Asia Singapore 2017のStartup 101 stageでOswald氏のセッションを、是非見に行ってくださいね。

一番良いところ?このコード ‘tiasg10’をチェックアウト時に使用すると、カンファレンスパスが10%OFFになります。このコードは2359年4月28日金曜日まで有効です(GMT +8)。

これは最終割引で、利用できるまでたった5日となりました。価格が上がる前に会議パスを取得してください

編集者:Jing Wen Ng

【原文】

訳者:Sawako Ono

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.