このiPhone7時代に、ガラケーのスケジュール機能を使う

ネット通信一切使わないガラケーは、他との交流一切なし。まさに言葉の真の意味でガラパゴス。そんなガラパゴスでも通話以外に使える機能はないかと探していたら......

iPhoneが故障したのをきっかけに、iPhone7への移行も断念。「おもしろいから」という理由で、昔使っていたガラケーを引っ張り出してきて「機種変」した変わり者です。

で、ガラケー生活。予想外に快適でして、気分がよかったのですが、それでも結構困ることがあるぞってんで、こんな記事を書きました。

結論から言うと、ガラケーで困ること1位は手帳機能です。クラウド型の手帳サービスを使っていたときは、スマホ一台持っていれば、どこでもスケジュール確認ができましたし、どこでもスケジュールが入力できました。パソコンとスマホで同期も簡単に取れ、本当に便利でした。

ところが、ガラケーにしたら、とたんにその便利を手放さなければいけなくなります。今から紙の手帳を買う? それもいいですが、でも、常にそこそこ大きな手帳を持ち歩かなければいけなくなります。

ガラケーにしたことで、今、鞄の中はとんでもないことになってます。スマホの機能を他のものでそれぞれ代替していこうとした結果、アイテム数はどんどん増えていきました。

・写真撮影→デジタル一眼
・メモ→メモ帳
・録音(仕事で使う)→レコーダー

って感じです。ここに「手帳」も加わるのかと。しかも、前より不便になる。これ堪えられないなーって。

で、今日、ふとガラケーをいじってたんですね。ネットにつないでないから、メールもできなけりゃ着メロのダウンロードなんかもできない。本当にいさぎよいくらい、通話しかできない。もう4日くらい経ちますが、まだ電池は「〓」って満タン表示です。

本当に通話機能しか使ってない。あとはタイマーですかね。アラーム、タイマー。それとCメール(!!!)です。で、今日「他に何か使える機能ってねーのかなー」って見てたらあるじゃないですか。

スケジュール

機能です。

これ、盲点でした。さすがにケータイなら、スマホと同じくらい、基本的には「肌身離さず」持ち歩いているでしょう。だから、その場でスケジュールを聞かれても、ガラケーを見さえすれば、予定確認ができそうです。

ケータイですべてが済めば、追加で手帳など、アイテムを購入、持ち歩く必要がありませんから、その分身軽になれる。これ、結構いいアイデアではないの??

......と思ったので、早速今日から使ってみてます。軽く操作してみた感じだけど、意外と見やすくて使える。入力もそんなにしにくくないです。一覧性もある程度高くて、予定を一望するのにも悪くない。こんなこと思いつくのも予想外だったので、なんか楽しいです。

通話とスケジュール管理にだけ特化した、プラスチックでできた、パカパカの端末。そこには、今はもう4歳になる、娘が生まれたときの写真が入っています。なんかどんどん好きになるんですよ。この、クッソ、機能が少ない、もう6年以上も前になる、ケータイが......。何でもやってみないとわからないもんですね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.