ここ数年、ボールペンはほぼジェットストリームオンリーだったのですが、先日からフリクションボールを使い始めました。 書いた文字を消せるボールペンってヤツです。
消せる安心感
菊地@penchi
51

フリクションボールの本当の良さ

フリクションの成功って、その書き心地によるところが大きいと思っています。下手なボールペンよりもすーっと書けるんですよ。

確かにボールペンに比べて色が薄いし、心もとないんですけど、その「いつでも消えちゃうかも」ってのが逆に失敗を恐れず、軽い気持ちでペン先動かす動機にもなってますし、ほんと書いてて気持ちいい。これに尽きるなと。

別にあとで消したいわけじゃないときでも、常にフリクションを使っていた時期すらありました。これも結局、書き心地。ジェットストリームは書き心地が素晴らしい!って文具界での「セオリー」がありましたけど、フリクション使った後だと、「そお?」って気になりますもん。

フリクションに限らず、その成功が「主としている機能」よりも、むしろちょっとしたベーシックなところでの品質の良さによっている物って結構ありそう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.