Gnomeでtouch padを使う

Gnome環境で使えるはず(というか使えるように設定していたはず)のtouch padが手持ちの多くのArch Linuxを入れたノートPCで有効になっていなかったので対応方法を調べました。これは入力ライブラリをxorg-dirver-synapticsからlibinputへ移行したのに、それに対応した設定をしてなかったから起きた問題のようです。

  1. /etc/X11/xorg.conf.d/*-synaptics.conf があれば消す。libinputを使っている環境において衝突の原因になるみたい。
  2. https://wiki.archlinux.org/index.php/Libinput に書いてあるように、以下の内容の /etc/X11/xorg.conf.d/30-touchpad.conf ファイルを作成する。内容よりもこのファイルが存在することが重要のようだ。
  3. 再起動
# /etc/X11/xorg.conf.d/30-touchpad.conf
Section "InputClass"
Identifier "MyTouchpad"
MatchIsTouchpad "on"
Driver "libinput"
Option "Tapping" "on" # gccから設定できるので不要だろう
EndSection

これでgnome-control-centerに設定パネルが現れ、二本指スクロールが選べるようになるはずだ。

Originally published at my blog server on July 27, 2016.

Like what you read? Give Shuji Narazaki a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.