療育や支援サービスを日本中でつなげよう

先日のこの記事が非常に拡散しまして、メールやslackやTwitterの通知が鳴り止まない週末を過ごしました。

あれから約1年、50円東大生と発達障害の数学少年が再会しました。

この中で、記事の後半に記載しております、これに対する反響がすごく大きいです。

ビデオチャットで療育や保護者支援サービスもできるかもしれない!

と、言うことで募集です

療育、支援サービスの経験者、ソーシャルスキルトレーニング経験者、臨床心理士の方、ペアトレーニング経験者の方、言語聴覚士さんや作業療法士さんなど募集させて下さい。住んでいる地域はどこでも大丈夫です。面談もビデオチャットで行わさせて頂きます。

contact@thewoody.jp

上記アドレスか、私のTwitterのDMなどに直接頂く形でも構いません。(Facebookでも私は構いませんが、仕様上友達になっていないと別フォルダに振り分けられるので、発見に時間がかかるかもしれません)

すでに療育関係のお仕事をされているので、営業時間内での支援はできないよー、でも何かしたいな、という方でもアドバイス大歓迎です。ご連絡頂けましたら幸いです。

・1対1でのご訪問(都内)(現在行っているメイン業務)

上記に加え

・1対1のビデオチャット(お子さま×専門性のある大人)(保護者様×療育のプロなどの専門家)

・1対複数のグループプログラム

上記、動いていこうと思っております。

優先順位的には、春先にはできればどこか場所を作り色々なプログラムを作っていこうと考えていましたが、今回のビデオチャットの反響が大きいのでちょっと考えます。

Branchのサイトはこちら

立ち上げの経緯はこちら

ビデオチャットについてはこちら

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.