なんでカレーが“ふわっふわっ”するんだよー!麹町「アジャンタ」の絶品ケララ風エビカリー。

カレー連続61日目。本日は紀尾井町で「Iot(いんたーねっと・おぶ・しんぐす)」とか「Apple Watch App」とかって言葉がバンバン飛び交うメディカルコンテンツなお客様とお打ち合わせ。
相変わらず常軌スレスレな人達で楽しい打合せでした。
最後に「この辺だと、どこのカレーを食べに行ったらいいですかね?」って聞いたら、速攻で、

「アジャンタのマトン一択で!アジャンタのマトン一択で!」

ってレコメンドをいただきました。本当に大のオトナが二回叫んだ。
連呼しちゃうくらいの麹町の名店「アジャンタ」。
いつかはと思っていたのですが、よいキッカケです。行ってきました。

アジャンタは日本では中村屋と同じくらいの歴史がある本格インド料理店なのです。確かに格式を感じましたよ。昼前でしたが店内は混んでおりました。

メニューを写真撮り忘れた。ランチセットは2,060円の色々選べるヤツを!

玉ねぎに辛味が付いた酢漬け、アチャール。これがあるお店は大概間違いなし。奥は甘いマンゴーチャツネ、だと思う。

まずはスープ。ラッサムです。うーん!レベル高い!
トムヤンクンに近い!サッパリと清涼感ある辛味がギュッときます!

そして、目の前でニコニコしている弊社奥田から、トマトスープを奪い取ります。コレがねースゲーうめーの!なにこの深み、甘味ー!アジャンタ来たらマストですね。ラッサムが悪いわけでないがトマトスープが圧倒した。
夏は冷たくも出来るらしい。

そして、カレーが舞い降りた。

マトンとケララ風エビカレーの2種にしたのでした!
見た目からヤッバイです。なによー!このキラキラしたマトンー!
そして、この鮮やかな黄色カリーはなによー!

ここから、

こいつ(エビ)が出てくるの!で、もう超ビビったんですが、すげーふわふわなんですよ。エビじゃなくて、ルゥーがふわっふわなんですよ!
意味がわからないー!食感からの自乗マイルド感!甘さとスパイスの絶妙加減!これは感動しました。玉子の使い方に何かがあるのでは!?と踏んだ。

ナンちゃんでいただきました。
そして、忘れちゃいけない、マトンくん。

あー!もう鉄板ー!深けぇー!!旨味の彼方ー!!
辛さがよいー!もっと辛くても君ならOK-!!
これを推す人のキモチがよくわかりました。

美味くて、半分白目になってカレーを頬張り続ける弊社奥田。
無心過ぎる。

最後はヨーグルトアイス。
ラッシーも飲んでいたので、乳酸菌をたくさん身体に取り込みました。

いやー、最高過ぎた。いろんなインド料理を試したくなりました。
日本人向けにアレンジせず、南インドまんまという姿勢にパキューンときました。ここはまた来ること間違いなしー!
カリー!!

「アジャンタ」
電話番号:03–3264–6955
住所:〒102–0084 東京都千代田区二番町3−11
時間:
[火~土]10:00~24:00 L.O
[日・月]10:00~23:30 L.O 年中無休
公式HP

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.