恵比寿「吉柳(きりゅう)」の母なるSEAな沁み沁みスープカレー

毎年この時期になると、クッシュン、ハクション、カッフンダ!な僕ですが、今年はそうでもありません。

腸内環境を改善すると花粉症も治るというお話を聞いたことがありますがひょっとすると毎日の過剰なスパイス摂取のおかげで、腸内が一変され、とても良い状況になっているのかもしれませんね。
そういえばお通じも良くなった気がする。お腹を壊すこともないな。
カレーと健康については本当に興味のあるところで、色々と調べてみたいと思います。

と言いつつ、今は、朝の4時まで飲むことになってしまい、加齢臭と酒臭さ全開でベッドに沈んだままこれを書き出しておりまして、健康?どの口が言ってんだ状態でございます。

さて、今週のハイライト。

左上・・・恵比寿「吉柳」スープチキンカレー

真ん中上・・・国立競技場前「キュリー」ポークカレーチーズ

右上・・・中野「YAMI YAMI カリー」完熟トマトとナスのチキンカレー

真ん中左・・・中井「サイノ」サグマトン、チキンカレーとナン

真ん中の真ん中 ・・・初台「コズミックダイニング・ガイラ
 サラサラビーフカレー

真ん中右・・・六本木一丁目「FISH」シュリンプとキーマカレー

左下 ・・・銀座「ハレ銀座」イエローカレー

左真ん中 ・・・エヴァンゲリオンのミサトさんを愛しているベトナム系スイス人ラッパー

左下・・・広辞苑で「性行為」を調べている弊社社員と中野浩一に似ている友人

今週のトピックはなんといっても、

タイを代表するオリエンタルカレーの登場ということですね。

やっぱり、パクチーが効いた甘さと辛さの複雑系カレーは最高であります。そもそもシャバシャバ派でもございますので、ご飯にビシャって出来て、グルテンフリーな感じがつかめたら歓喜しちゃうんですよ。
ココナッツミルクが入ると本当にコクが出て素晴らしい。
まだ、本気のタイ料理店には突入してございませんが、ロソロソですな。

あと、カレーを食べ続けていると、やっぱりどうしても食べログなどのレビューを読んでしまうのですが、評価が低いのに「あら?美味しいじゃないの」なお店に何軒か行きましたねえ。
やっぱり、梅棹忠夫さんの「おまえ、見たんか?」じゃないんですが、
百聞は一見にしかずですね。

では、今週のイチオシの一杯!恵比寿の老舗!吉柳(きりゅう)の「スープカレー」でございます。

毎週土曜日から一杯目としておりますが、今回は初めての土曜に食べてからの逃げ切りカレーとなります。

コクがあるのではなく、さっぱりスッキリ。でも、スパイシー。
ご飯にレモンをかけていただくのですが、これはデキるスープカレー屋さんのオススメな食べ方として共通しているようです。浅草「もんじろう」もそうしてますね。

そして、こちらのスープカレーの特徴は、なんといっても海苔です!

アオサー!!
海苔を溶かしながら万ネギも絡ませていただくんですよ。
そっちの和っー!?というコラボレーション。

母なる海を感じます。
沁みる、沁みる、どこまでも身体に沁みわたるぅ。
あー、二日酔いのまさに今行きたい。

営業は朝までやっているそう。
代官山UNITあたりで飛んだり跳ねたり、踊ったりして、AM3時くらいに腹減ってしまって、何か食う所はないか、、とクッソ寒い中、トボトボ歩いている時に「吉柳」の看板を見つけたら泣くな。

吉柳さんは、恵比寿の老舗として創業27年だそうですよ。ちょっと前まで24時間営業だったっぽいです。というか、今もランチだけやってないだけで営業はしてるのかな?

恵比寿新聞さんで「波乱万丈25周年 吉柳」の記事がありましたので興味ある方はどうぞ。

昔から若者を支えてくれてたんですね。っして、数々の瀕死のエンジニアや、CLUB帰りの若人の支えとなってきたでしょう。下北沢って昔、こういうお店が多かったように思います。
文化が生まれる匂いがする、そんなお店でした。

吉柳(きりゅう)

住所:

東京都渋谷区恵比寿南1–2–12 2F

※JR恵比寿駅 西口 徒歩2分

TEL:03–3711–9876

営業時間

年中無休
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業

カード可

食べログ

おそ松さまでした。
カリー!!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.