🇯🇵|プラットフォーム開発:最新情報その10

皆さん、こんにちは!恒例の開発レポートをお送りします。今回は、9月3日から9月16日までの期間についてです。この期間は、The Abyssプラットフォームのさまざまなインターフェース改良に取り組んだほか、新しい開発メンバーには技術上の規準や要求事項を実践してもらいました。

The Abyss チームの活動状況 2018年9月3日―9月16日
2018年9月3日から9月16日までの課題数

こなした作業

たくさんありますこの期間中、改良インターフェースを多数公開しています。たとえば

  • ドロップダウンメニューのコンセプトを全体的に見直し改善して、ユーザーのアバターをクリックするだけで使えるようにしました。今のところはアニメーション要素が加わっただけですが、より完璧でスタイリッシュな外見となっています。
  • 内部モーダルウィンドウの仕組みについても再考しました。その結果新しい万能な仕組みをデザインし、新しいモーダルウィンドウ、プロフィールページその他プラットフォーム各所でのメニュー(「友だち」の部分など)が、簡単かつ素早くできるようにしました。
  • 法の定めるところに従い、「クッキー警告」 ウィンドウを追加し、The Abyss ポータルに到達するとすぐにポップアップで出るようにしました。この部分は、当社による個人データ取扱いに関する情報と一緒になります。
  • キャプチャ の仕組みも完全に変えました。新しい版では、ユーザーがブラウザ経由身元認証をするたびに出てきます。また、キャプチャはThe Abyss新規登録ユーザーの方々には絶対条件となります。これは個人情報を守るための、もう一つのセキュリティ改善点となります。 また、詐欺・フェイクアカウント作成を防ぐ、追加のセキュリティツールでもあります。
  • カスタマイズ可能な特別のメタタグモジュールが公開され、個々のタイトルとウェブサイトページ別のオープングラフが設定できるようになりました。この仕組みは、The Abyssモチベーション(エアドロップ) システムを念頭において実装したものです。エアドロップメインページと、実施中のエアドロップキャンペーンに関するオープングラフをすでにカスタマイズしています。
The Abyss エアドロップ
  • エアドロップメインページが完成、ユーザー(リファラルリンクで招待を受けた)の方々が登録したり、近いうちに始まるキャンペーンの情報を見られるようになりました。

現在の課題と今後のプラン

  • The Abyss チームでは、取引履歴のセクションを詳しいものにするよう一心に取り組んでいます。完成すれば、ユーザーは手数料の額、残高推移、引き出し額、イーサスキャンリンク履歴、エアドロップ、リファラル報酬その他トークン取引に関するすべての情報を確認できるようになります。 これはプラットフォーム上でのトークンの流れを、さらに透明にみられるようにします。この課題は、次の期間で完了させる見込みです。
取引詳細履歴ウィンドウ
  • IPアドレスを判断し、該当する地域の言語(既存であれば)に自動的に切り替わるThe Abyss プラットフォームのユニバーサルインターフェースローカリゼーションの仕組みのデザインに着手しました。
  • 3つ目の大きな課題は、リファラルセクションをより詳細にすることですリファラルネットワークがレベル別に、またどう広がっているかを詳しく見られるようにすることは、非常に大切だと考えています。 上方としての機能のほかにも、リファラルを追跡し、リアルタイムでリファラルによる収入をチェックできる、双方向かつゲーム的な要素だからです。
リファラルネットワークセクションの詳細

今日のところはここまでです。The Abyssチームでは月に2回開発状況をお知らせしています。次回のレポートは、2018年10月1日を予定しています

では今後をお楽しみに!お知らせしたいことがたくさんあります!

よろしくお願いいたします。

The Abyssチーム


Telegram (JP) • Discord • Facebook • Twitter • LinkedIn • BitcoinTalk • Reddit • Vimeo • GitHub