🇯🇵|プラットフォーム開発:最新情報その15

皆さん、こんにちは!恒例の開発状況レポートをお送りします。今回は、11月13日から11月25日までの分に関してです。この期間、私どもは内部ロールベースアクセス制御システムのスペック準備、ゲーム統合用開発者向けガイドの作成、The Abyssプラットフォームプロフィールページ作成に集中して取り組みました。

ロールベースアクセス制御 (RBAC)

SDK 開発タスクの一環として、この期間、アクセス許可に関する内臓システムとなる、RBACのスペック確定に着手・完了しました。このシステムにより、プラットフォーム上で特定のオペレーションができる役割がユーザーに与えられます。初期の段階では、次のような最低限のロールグループを設定する予定です:

  • プラットフォームユーザ: (登録のないユーザー、登録のあるユーザー、登録がありEメール確認済みのユーザー、ユーザーライセンスゲームなど) — このカテゴリーのユーザーは、「ゲームリストプレビュー」「トークン引き出し」「トークン預金」「購入したゲームの立上げ」などの一連のオペレーションが可能です。
  • 開発者 : 開発者については、RBACシステムでは企業オーナー、CEO、マーケティング部長、ビルドマネジャー、その他さまざまなアクセス許可が想定されています。
  • アドミニストレーター : RBACシステムではコンテント管理(コンテントの公開および更新)、サポートチーム(財務・ライセンスに関するオペレーション、安全管理)など、様々なアクセス許可が想定されています。

さらにRBAC の開発では、30歳以上のユーザーに対しユーザーの専門的スキル、需要、関心に応じたサブロールのアクセス許可を作りました。

開発者向けガイド

開発者向けガイドドラフト(0.1.1.版)を完成させました。この文書は、開発したゲームをThe Abyssプラットフォームに統合するための総合的な解説で、APIメソッドの例、パラメーター、現在運用中の基本的なAPIメソッドでのコントラクト詳細、予定されているAPIメソッド項目といった内容です。開発者向けガイドはゲーム開発者のプロセスタイムを短縮し、より効果的にすることを目的としています。

ソフトウェア開発キット(SDK)

開発者向けガイドを作成する段階で、開発チームがすべきタスクをより詳しく解析しました。すぐに使えるSDKは、予定していたより数週間遅れでの公開となります。この期間でSDKを開発者にとってよりクオリティの高いものにしていきたいと考えています。但し、開発者向けガイドにも、開発者が統合に必要とする労力を算出するには十分な情報が含まれています。

ライセンス管理システム(LMS)

LMS開発は分析とデザインが完了し、基本機能の完成に向け動いており、その中心はゲームのプレオーダーオプション関連となっています。これらの作業について、この期間で開発、テスト、公開が完了しています。

開発チームの拡大

The Abyss 開発チームに、新しいフロントエンド開発者が加わりました。Pavel Demyanov は多くの大規模な国際的プロジェクト(NDAの制約上名称は非公開)で4年間の経験があります。Pavelは、フロンドエンドアプリケーション技術スタック(ReactJS/Redux)に詳しく、The Abyss開発チームにも溶け込み活躍してくれています。

新しいフロントエンド開発者Pavel Demyanov
フロントエンド開発部部長Evgeny BessonovとPavel Demyanov

ダークカラーデザインの適用

このタスクでは、以下の作業を完了させています:

  • ゲームページ : コンセプトを見直し、新しいゲームAPIメソッドを追加しました。 現在、バックエンド統合に向けたゲームの準備をしています(コンポネント別のブレークダウン作業中)。
  • メインページ : 作業は第二段階に移行しました。 メインページのビジュアルプロトタイプを作成し、アニメーション、ナビゲーションその他要素を追加しています。 現在、見直しと最終調整を行っています。
  • プロフィールページ : アクティブなデザインの段階となっています。

今日のところはここまでです。The Abyssチームでは月に2回開発状況をお知らせしています。次回のレポートは、2018年12月10日を予定しています

お見逃しなく! お知らせしたいことがたくさんあります!

よろしくお願いいたします。

The Abyssチーム


Telegram (JP) • Discord • Facebook • Twitter • LinkedIn • BitcoinTalk • Reddit • Vimeo • GitHub