🇯🇵|プラットフォーム開発:最新情報その18

皆さん、こんにちは!恒例の開発状況レポートをお送りします。今回は、2018年12月24日から2019年1月6日までの分に関してです。この期間、ダークテーマデザインの適用(React+Reduxコンポネント)、SDK開発の継続、トークン循環システムの発展その他の課題に取り組みました。

ダークデザイン適用

下記のフロントエンドコンポネントを統合した、新しい統一ウェブアプリができました。

  • メインページ
  • ゲームページ
  • ゲームメニュー
  • ユーザーメニュー
  • 登録ウィンドウ
  • ユーザー認証ウィンドウ
  • リファラルプログラム統計

これらの機能は100%完成しており、安定化に向けた処置を行っているところです。以下の機能については、React+Reduxコンポネントで開発中です。

  • トークン残高
  • 取引履歴

トークン循環システム(TCS)

TCS は、GFPホットウォレットの動的選択を含む次の段階に進んでいます。ホットウォレットは、ABYSSトークン引き出しに使います(リクエストベース)。TCS技術ソリューションを考える際、システム内のキー保管上の安全には細心の注意を払いました。14の考えられる攻撃ベクトルを見直し、リスク脅威を最低限にする対策についても検討しました。

暗号化およびキーの受け渡しのハイレベルシステムスキーム
同上 ローレベルシステムスキーム

インフラ開発
ラージスケール調査結果に基づき、メトリクス収集および分析システムを選択し、すでにテストしました。ビジュアルシステム(Datadog)により、The Abyssプラットフォームに内蔵された(技術)コンポネントの現状が完全に把握できます。システムは2019年第1四半期に稼働します。

Datadog インターフェース

2018年の主要技術ハイライト

この場を借りて、The Abyss開発における2018年のハイライトをご紹介します。2018年5月のプロジェクト立上げから、当社のJiraアカウントでは2000以上ものタスクを達成してきました。記念すべき2000件目のタスクは、2018年12月26日に達成しました。

2018年、当社は100件以上のJiraユーザーストーリーを発表、それぞれ以下のようなサブタスクも含みます。

  • 技術スペック開発
  • レイアウトデザイン
  • 技術ソリューション作成
  • サーバーソフトウェアソリューション開発
  • ブラウザクライアントアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発

その他、数えきれないほどの調査や、テストや、不具合の除去や、コード最適化や、リファクタリングを実施してきました。

ビジョンの変化に伴い、2018年内にはThe Abyssプラットフォームのデザインコンセプトを3回見直しました。新しい外見のファイナルバージョンに先立ち、ふたつのビジュアルコンセプトを作っています(プロトタイプ⇒プレアルファバージョン)

The Abyssチームも拡大し、メンバーは25名となりました(開発、マーケティング、総務、法務)。

そして、GitLabの統計によると、チームがウェブフロント、サーバーバックエンド、デスクトップレポジトリで作成したコードは、440MB以上にも及びます。ここにたどり着くまでに、4000以上ものコミットがありました。

ウェブフロントレポジトリで2000コミット
APIバックエンドレポジトリで1769コミット

今回のところはここまでです。The Abyssチームでは月に2回開発状況をお知らせしています。次回のレポートは、2019年1月21日を予定しています

お見逃しなく!今年もお伝えしたいことがたくさんあります!

よろしくお願いいたします。

The Abyssチーム


Telegram (JP) • Discord • Facebook • Twitter • LinkedIn • BitcoinTalk • Reddit • Vimeo • GitHub