中国 深圳に行ってきました(5) / プリント基板工場を見学

光陽模具製品有限公司さんの工場見学を終えた後は、東莞(ドゥンガン)にあるSeeedと提携しているプリント(PCB)基板工場を訪れました。



余談ですが、東莞は”性都”の異名もあるようで、出稼ぎ農民、企業の出張者相手の売春女性が増加したため、性風俗産業が2010年以降に同市のGDPの10%に達するほど発達していたようですが、2014年に大規模な摘発があったため性風俗産業は下火になり経済的にも大打撃を受けたようです。

深圳市豊達興線路板制造有限公司さんにお邪魔しました。中国の工場やオフィスは団地型が多い。
光陽模具製品(深圳)有限公司さんと同じように、こちらも工場の横に宿舎がある。ここでは400人ほど働いていて、昼夜で人員を入れ替えて常に工場を動かしてる。

プリント基板は、電子機器に使用される部品で、様々な電子部品で回路を作成する際にその部分同士を固定して配線するための部品の総称です。

穴あけ、エッチング、レジスト作業はオートメーション化されてる。
現像槽、エッチング槽、洗浄槽、フラックス槽など、工程順に各種薬品槽が整然と並んでいる。

事前に聞いてた情報を元に「アルカリ臭が強く、薬品で床がツルツル。安い人件費で従業員が過酷な労働を強いられている工場」をイメージしてたので、全く違っていて驚きました。こちらの工場はSeeedの提携先の中でも品質が上位の工場のようです。

基板表面にソルダーレジストをコーティングしてます。基板の積層後に、部品実装で使用される回路以外の部分を保護するのが目的
従業員の男女比率は半々のようです。今回の旅で訪れた会社・工場では若い女性が元気に働く姿がよく目に留まりました。
工場内はどこも清掃やルールが行き届いていた。仕事に対するモチベーションの高さも傍目から見てても分かる。
これ全部工場と宿舎

ここまでで、この日の工場見学は終了。再び深圳へ


この日 深セン・東莞を移動してみて、世界の工場 深センというイメージを持たれてる割に深セン中心地に工場は多くなく、工場の役割はすでに人件費の安い東莞などのさらに中国内陸に移動していて、深センはもう既にハードウェアの設計・デザインをするハードウェアベンチャー拠点になっているというのを実感しました。


深圳には高層ビルが尋常じゃない数建ち並ぶ。
ビル全面が点滅するビル
中国発の不景気の影響で、ここ深圳も不景気のようだが、それでも街全体が日本に比べると段違いに力強いと感じた
夜は1日目に続いて燕南駅近くの火鍋のお店へ
右端にある冷蔵庫から食材の刺さった串をもらってきて火鍋にぶち込む形式。串の本数をあとで計算
辛くないスープと辛いスープ。火鍋が辛くて胃が元気になりすぎて、夜中に何度も目が覚めました。
円卓を囲んで食べる火鍋は最高。中国は何を食べても美味しいが、特に火鍋がうまい。

華強北のホテルへ戻ってきました。濃密な一日でした、おつかれさまでした。

3日目に続きます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.